メイン

2009年10月30日

Japanese movie in Singapore

映画を観に行きました。
シンガポールで映画を観るのは、本当に久しぶりです。
93年に"Schindler's List"を観に行って以来なので16年振り!!

小学校の時はよく学校の友達と観に行きました。
当時、学生は$3(当時のレートで¥300)で観れたので、
遊びに行くような感覚で行きました。

現在でも料金は大人1人$7.50(今のレートでは約¥500)
日本に比べたら本当に安いです。

日本同様、シンガポールの映画館も高級化が進み、
高級シアターが続々と出現、飛行機のファーストクラス並のシートがあったり、
食事も出来たりして、やり過ぎと思うほど進化しました。
シンガポール製作の映画も多く世に出て来て、
国際的に知名度が高い映画監督も何人か居ます。
昨年はカンヌ映画祭にノミネートされた作品もあります。
私自身は、日本でも公開された「フォーエバー・フィーバー」と
「881 歌え!パパイヤ」の2本しか観ていませんが...。
(前者は日本でもDVDが出てますので、観てみて下さい。かなり面白いですヨ。)

また、先月9月には、六本木でシンガポールの映画祭も行われたようですし、
シンガポールを会場に国際的な映画祭が開催される事も多々あります。
Sinemaと呼ばれるシンガポール映画ばかりを上映する
映画館も出来ました。
余談ですが、音楽関係者の間では、Sinemaは音の響きが良いので、
ライブやコンサート会場に適した場所とも言われています。

と、盛り上がりを見せるシンガポールの映画事情ですが、
前置きとは全く関係なく、すみません、私は日本の作品を観に行きました(笑)
観に行ったのは"Amalfi"。
そう。織田裕二さん主演のフジテレビ開局50周年記念作品です。
母に観に行きたいと言われて行ったので、何の下調べもせずで、
かえって先入観無く観る事が出来て、良かったと思います。

おそらく、日本だとかなりの宣伝が行われて、
上映開始日から「大ヒット上映中!!」というCMが流れ、
動員数や興行成績などが話題になったりしたのでしょう。

そういう風にあおられる事もなく、静かに観に行きました。
上映最終日でしたが、館内はがらがら...。
日本人の方も数名居ました。
日本人は例外無く、冷房対策で体をパシュミナでぐるぐる巻きにしているので、
すぐわかります(笑)

予告で「ごくせん」をやっていましたが、小栗旬君が映し出されると、
若いシンガポーリアン女子達から奇声が上がってました。
日本の男子アイドルはこちらでも人気があります。

英語と中国語の字幕が付きました。
中国語の勉強になって、よかったです。

映画はキャスト、ロケ場所、音楽など、
随分お金がかかった豪華な作品だなあというのが、第一印象。
イタリアの風景はキレイでしたし、ストーリーも普通に面白かったです。
織田裕二さんは、踊る大走査線、世界陸上、モノマネというのが、
私が連想するイメージでしたが、ちゃんと映画を見ると、
実力あるきちんとした俳優さんなのだと改めて認識しました。
以前より随分細くなった印象を受けましたが、
イタリアンテイストのスーツのコーディネートがよく似合っていてカッコ良かった。
天海祐希さんも細くて、髪の流れがキレイだったなあ。

「大使館」という舞台も、丁度二日前に日本大使公邸にお呼ばれしていたので、
身近に感じました。シンガポールの日本大使公邸は、この映画に勝るとも劣らない
素晴らしい環境と施設でしたヨ。

次回はシンガポール映画を観に行ってみようと思います。
でもその前に、"This Is It"か...。

▼映画館の入り口に立てられていた看板です。
30Oct09.jpg

2009年10月02日

シンガポールで地震!

一昨日、9月30日にスマトラ沖で大地震が発生しました。
死者は千人を越え、数千人がまだ下敷きになったままだそうです。

発生時、私はオーチャードにあるオフィスの中に居たのですが、
なんと地震を体感してしまいました。
初めスタッフの1人が「あっ、揺れてる!!」と、
シンガポールでは絶対に聞く事は無い事を言うので、まさかと思いながらも、
彼女が指さす観葉植物を見ると、葉っぱが揺れているのです。
違う場所に置いてある観葉植物を見ても、そちらも揺れています。

びっくりして歩くのを止めたら、足下がもこもこと。
東京で感じる震度2位の感じでしょうか。
「シンガポールは地震の無い国」として認知されているので、
ビルは耐震用に出来ていません。
オフィスは15階にあります。
これは逃げた方がいいのか悪いのか...しかし逃げるような規模の地震が起きたら、
シンガポールは一発で終わりです。
しばらくじっとしていたら...治まりました。

その後、震源地がパダンと聞き、初めシンガポールのパダン地区かと思いました。
よくよく聞いたら、西スマトラのパダンとの事。
スマトラ沖大地震と聞いて、私が思い出すのは2004年の大津波です。
当時、被災者に捧げる楽曲を作り、チャリティーライブを開催して、
募金をスマトラに送りました。
その日も私はシンガポールに居て、被災地の悲惨な状態を地元のTVで見て、
何か自分に出来る事はないかと思った事がきっかけでした。
スマトラはここ数年、度重なる地震被害に悩まされていますが、
そこに来てまたこの巨大地震の発生です。
今回も体感した者として、何か自分に出来る事をしようと思っています。

シンガポールの英字紙、The Straits Timesでも、
微震はシンガポールとKLでも感じたと報道しました。
▼写真は地震を感じてビルから逃げたシンガポーリアン。初めて見る光景です。
02Oct09.JPG

シンガポールで地震!

一昨日、9月30日にスマトラ沖で大地震が発生しました。
死者は千人を越え、数千人がまだ下敷きになったままだそうです。

発生時、私はオーチャードにあるオフィスの中に居たのですが、
なんと地震を体感してしまいました。
初めスタッフの1人が「あっ、揺れてる!!」と、
シンガポールでは絶対に聞く事は無い事を言うので、まさかと思いながらも、
彼女が指さす観葉植物を見ると、葉っぱが揺れているのです。
違う場所に置いてある観葉植物を見ても、そちらも揺れています。

びっくりして歩くのを止めたら、足下がもこもこと。
東京で感じる震度2位の感じでしょうか。
「シンガポールは地震の無い国」として認知されているので、
ビルは耐震用に出来ていません。
オフィスは15階にあります。
これは逃げた方がいいのか悪いのか...しかし逃げるような規模の地震が起きたら、
シンガポールは一発で終わりです。
しばらくじっとしていたら...治まりました。

その後、震源地がパダンと聞き、初めシンガポールのパダン地区かと思いました。
よくよく聞いたら、西スマトラのパダンとの事。
スマトラ沖大地震と聞いて、私が思い出すのは2004年の大津波です。
当時、被災者に捧げる楽曲を作り、チャリティーライブを開催して、
募金をスマトラに送りました。
その日も私はシンガポールに居て、被災地の悲惨な状態を地元のTVで見て、
何か自分に出来る事はないかと思った事がきっかけでした。
スマトラはここ数年、度重なる地震被害に悩まされていますが、
そこに来てまたこの巨大地震の発生です。
今回も体感した者として、何か自分に出来る事をしようと思っています。

シンガポールの英字紙、The Straits Timesでも、
微震はシンガポールとKLでも感じたと報道しました。
▼写真は地震を感じてビルから逃げたシンガポーリアン。初めて見る光景です。
02Oct09.JPG

2009年09月14日

Difference between English & Japanese

シンガポールに来て、新たに思った事があります。
「こちらに長く住んでいる日本人の日本語がキツク聞こえる」という事です。
あくまでも「私には」ですが...。
よく誤解が生じます。
よくよく意味を聞くと、「そんなつもりで言ってない」と言われます。
しかしそういう意味に取られてもしょうがないと思える単語使いをしているのです。

理由を考えました。
彼らは外国で生活し、英語を主体に暮らしています。
英語と日本語は、考え方や土台の構造が全く違います。
一番違うのは「ニュアンス」です。
日本語は単語のまわりに何か漂っているものがあるのです。
抽象的な言い方ですが、輪郭がぼやけていて、色々な意味を含みます。
英語の単語は、輪郭がはっきりとしていて、意味が明確です。
よく日本語から英語に訳す時に難しい単語の代表格として、

「せつない」

という単語が例に上がります。
はっきり言って、直訳出来る単語は英語にはありません。
近い単語に"painful"とか"heartending"などがあげられますが、
「せつない」を的確に表現している単語ではありません。
もちろん"sad"でも"sorrow"でもありません。

時折、通訳を依頼される事がありますが、一番難しいのは、
その単語を選んでいる人の気持ちの状態やフィーリングを訳す事です。
単語そのものを訳すのではなく、この「フィーリング」を伝える、
橋渡しをする能力が必要になるのです。

同じ意味合いの単語はないし、
また主語が明確で、自分の意志をはっきり伝える文章構造の英語と、
結論が最後に来て、曖昧な表現が多い日本語では、考え方がまるで逆なのです。

シンガポールに長く居る日本人は英語的発想で日本語を話しているので、
主語や意志の伝え方が明確です。
更に、もっと言えば、英語を母語としないシンガポーリアンと英語を話しているので、
まわりくどい言い方を避け、必要以上にはっきりと物を言います。
そうでないと意味が伝わらないからです。
これを習慣にしてしまうと「ニュアンス」なんて事は言ってられなくなるのです。
だから、キツクなるのです。

かつて私も日本に帰国した時に「あなたの話す日本語はキツイ」と言われました。
私も英語的発想で日本語を話していたのだと思います。
当時はショックで、正直、自分が何を言ったら、どういう風に言ったら
相手にキツイ印象を与えないのか、わかりませんでした。
極端な言い方ですが、日本では「自分が最も言いたい事を言うと嫌われる」とさえ、
思いました。

次第に「よろしければ」とか「差し支えなければ」とか「恐れ入りますが」という
言葉を覚えて、こういう単語を使えば、印象が少し柔かくなるようだと思い、
事あるごとに、これらの単語を頭に付けて、話していました。
随分丁寧ね、日本人以上に謙っていると言われる事もありました。
レストランの予約を取る時に「恐れ入りますが、予約をお願い出来ますか。」と
言っている私を見て「お客なのに、何でそんなに恐れ入ってるの?」と、
父に言われた事もありました。

試行錯誤を繰り返して、謙りすぎず、自分の意志もきちんと伝える、
日本語の言い回しがわかるようになって来ました。
プラス、この10年、日本語で歌詞作りをして、日本語の持つ曖昧さ、
微妙なニュアンス、言葉の持つ余韻を深く掘り下げ、
必要以上に日本語に敏感になってしまいました。
だから「はっきりとした日本語」がちょっと怖くなってしまったのだと思います。

逆に英語だと、はっきり言われても傷つく事はありません。
英語は英語のまま、そのまま受け止めています。

昨年、あるシンガポーリアンの女性プロデューサーと知り合いました。
彼女は日本語がペラペラで、その時居た全てのスタッフが日本人だったので、
その場では彼女は始終、日本語で話していました。
英語が話せるとわかっている私にでさえも、日本語を通しました。
その時に私は正直「彼女はちょっとキツイ人かなぁ〜?」という印象を持ちました。
彼女の日本語は、はっきりと明確だったからです。
オブラートに包むような表現が一切ない。
しかし、仕事ぶりが素晴らしく、非常に優秀な人と私は思いました。

こちらで活動を始める上で、私が真っ先に会いたいと思ったのが、彼女でした。
表現がキツかろうと何だろうと、仕事が優秀な人と繋がりを持ちたいと思ったからです。
アポを取り、再会した時、彼女はなぜか今度は、始終英語で私に話しました。
英語になると、今度は彼女は非常に優しい人で、キツクも何ともないと私は感じました。

「あなたはもしかして、英語的発想で日本語を話していますか?
日本語がキツイと言われた事はありますか?」と聞いたら、彼女は「ある」と答えました。
私は最初の印象を彼女に正直に話して、そして英語になるとまるで違う印象だと伝えました。
そしたら、彼女は「それは悪い事をした。私はシンガポーリアンだから。
簡潔明瞭に日本語を言ってしまうの。他意はないのよ。そのまま正直に言ってるだけ。」
続けて、「キツイ印象を与えて悪かったです。ごめんなさい。
そしてよくない印象を変えてくれる機会を私にくれてありがとう。」と言いました。
ああ、日本語だとか英語とかを超えて、彼女はとてもいい人だと私は思いました。
こちらの受け止め方が悪いという考え方もあるだろうに、
それにも関わらず、彼女はまず謝ってくれたからです。

3度目に会った時、その時も始終、私達は英語で話しました。
私は、はっきりと明確に英語で自分の意志を伝えました。
しかし、ある瞬間、言葉が止まってしまいました。
"I can't explain my mind... how to say...?"
その瞬間、彼女は「日本語で話していいよ。わかるから。」と日本語で私に言いました。
私は英語を話している最中、突如として、日本語のニュアンスのまま伝えたくなって
しまったのです。
しかし、それを表す明確な英語がわからず、言葉が止まってしまいました。
日本語で説明すると、
彼女は「なるほど。それは日本人的発想ね。シンガポーリアンにはない感覚だわ。」
と言いました。

この日以来、私と彼女は、英語と日本語をチャンポンで話すようになりました。
思っている事により近い単語、表現を選ぶようにしました。
飲み物をおごったら、彼女は"Thank you"ではなく「ごちそうさまでした!」と、
言うのです。
そのバランスがとても心地よく、私は彼女と居ると、とても楽です。

昔、アン・ルイスさんの曲で「I love you より愛してる」という歌がありました。
作詞は、三浦百恵さんです。
このタイトルに興味を持ち、このタイトルが伝えようとしている意味が想像でき、
当時私は、このタイトルに込められた意味を説明しているアンさんの本まで
買った事がありました。
内容は思った通り、日本人の母とアメリカ人の父を持つアン・ルイスさんは、
英語的発想を父から学びながらも、日本で育ったので、
「I love you」より「愛してる」の方が、より重く、深く感じるというのです。
確かに「愛してる」は重い。
"I love you"の方が、もう少し軽いというか、可愛らしい印象です。
しかし、アメリカ人は、"I love you"と割に簡単に言うイメージが
あるかもしれませんが、本当に愛している人に言う時は、
言い方が全く違うのも事実です。

私は、大学で英語学を専攻していたのですが、その際に教授が、
「"I love you" を、二葉亭四迷は「死んでもいい」と訳した」と言う話を
教えて下さいました。(ちなみに、二葉亭四迷のお墓はシンガポールにあります。)
その時に、その教授が妙に素敵に見えたのを覚えています(笑)
夏目漱石は「I love you」を「月が綺麗ですね」程度でよいと言ったらしいですが...。
話の前後にも寄るし、その人の考え方にも寄るし、様々です。

話が横道に反れました。

日本人が9人、シンガポーリアンが1人、この10人で食事をするとします。
言語は「日本語」でいいと、私は思います。
もちろん、この1名のシンガポーリアンがどういう立場の人かにも寄りますが。
このような時、私はこの1名のシンガポーリアンの側に座るようにしています。
そして、みんなが話している事を出来る限り、英語に訳します。
優等生のように思われるかもしれないけれど、
ごく自然な気持ちでそうしたいと思っています。
なぜなら、言葉が理解出来ない疎外感、孤独感を私は知っているからです。

話を冒頭に戻すとすると。
今でこそ、英語と日本語を使い分ける事が出来るようになったけれど、
英語的発想で日本語を話していた自分も居た訳で、
英語を話さない日本人よりはそれを理解出来る訳で。
両者の架け橋、接着剤になろうと思っている気持ちが自分にあるのならば、
それを「キツイ」と単純に片付けてしまうのは、どうなのかと思うのです。

ミュージシャンになって、より敏感になった感受性を鈍感にする事は出来ないけれど、
しかし理解しようと努めたり、辛い時は「流す」あるいは「訴える」など、
もう一歩、上のコミュニケーションが出来る自分になりたい。

今年の年末、ある公式文化事業で、私は"Majulah Singapura"(シンガポール国歌)と
「君が代」の両方を歌う事を依頼されました。
"Majulah Singapura"はシンガポーリアンの気持ちで、「君が代」は日本人の気持ちで、
それぞれの立場を尊重して、全く違うアプローチで歌いたいと私は考えています。

普通、1つの公式事業では、1人の歌手が1つの国の国歌を歌うのが通例で、
両方を歌うという事はありえません。
「国歌斉唱」とは言うけれど、「両国国歌斉唱」と言われた時は、
腰が抜けそうになりました。
1人の人間が行うには、それがどんなに難しい事か...。
しかし、これは誰もが出来る事ではありません。
一つの私の"Mission"なのではないかと捉えて、がんばってみようと思っています。

話が長くなって、すみません。
これが最近、私の頭を一番占めている事柄でした。