« 2011年02月 | メイン | 2011年04月 »

2011年03月23日

Sing for Japan...

(下に日本語訳を付け加えました)
As everybody knows, a massive Earthquake and Tsunami attacked Japan on March 11th.

My parents live in Singapore but they were in Tokyo with my brother on that day.
They are all safe but were in the outside as it happened at 2:46pm afternoon.
All transports shut down and they took 1 day to reach home.
Especially my mother, she had to stay at the cold station platform all night.
I'm very worried about her as she has angina.
I could talk to her once over the mobile,
but the line was cut off in the middle of our conversation.
But at the end, she could also manage to reach home next morning.

2 days later, my parents could safely come back to Singapore.
I seldom come to airport to pick them up, but this time I did.
When they found me, they understood the reason why I was there,
we all hugged each other and cried...

On the way back home, inside a car, my mother told me many stories
she saw and experienced.
Everybody was calm, no hysteria, no panic, no disorder, try to be patient,
help each other and share food and other relief supplies...this is Japan.

I'm really proud of being Japanese and I believe now is the time
we show the spirit of cooperation, orderly behavior
and strength for the reconstruction.
We can do cause we are Japanese!

However...it's easy to say but difficult to do...
Japan is now in the critical condition.
Really painful to see the scale of the damage and lives lost through TV news.

My uncle belongs to the Japan Grand Self-Defense Force and is taking care
of the dead bodies everyday and can't go back home almost 2 weeks...

I talked to my mother's friend, who is also my big fan living in Sendai,
the most affected area, just a few days ago over the phone.
We screamed out when we could finally talk to each other after the earthquake.
And I carefully asked her a question, "How's your house...?"
She answered in a cheerful voice,
"Lost it, just the same as everyone Sachiyo, but I'm OK cause I'm alive".
I lost my words...

My auntie lives in Ibaraki (also the affected area) and she hasn't slept for 10 days
after she experienced M7 level earthquake and is still suffering from
continuous aftershocks, shortage of water and foods and electricity.
She also can't walk with her head high cause her husband works for
Tokyo Electric Power Co although he is really really a nice person and a hard worker.
I've been trying to email her every day to encourage her.

Tons of sad story even around myself.
I don't want just pray.
There are many things I can do for Japan even from Singapore.

My first challenge was to join the charity event entitled
GAMBATTE! JAPAN from SINGAPORE held on 17th March as a staff and a singer.
It was an incredible event that we could raise S$76,000 (¥4,850,133) in total
and more than 2,000 people in and out on that night.
I have shared a wonderful time with my team and audiences.
You can glance my performance through the video on my facebook page.

In addition, I already have received a couple of offers to perform
at the charity events for Japan's disaster.
Will try to join as much as I can.

I have also decided to donate the part of ticket sales of my concert at
Japanese Association Singapore which will be held on 17th April
to aid the victims of Japan earthquake and tsunami.
The donation box will also be set at the reception counter
of the venue on the event day.
All donations will be sent to the Japan Red Cross via Singapore Red Cross.
Details will be updated on my live schedule of this website shortly.
Your cooperation would be greatly appreciated.

Rebuilding will take a very very long time.
We really have to be patient...
Jia you Japan!
But honestly, I also feel like to say
"No need to jia you too much, take it slow Japan" at the same time...

3月11日、大地震が日本を襲いました。

通常、私の両親はシンガポールで生活していますが、
その日は運悪く弟と一緒に東京におりました。
起きた時間がお昼の2:46だった為、みな外に居て、
全ての交通が遮断された為、帰宅するのに1日を要しました。
特に母は、寒い駅構内で一晩過ごさなくてはならず、狭心症を抱えていたため、
私は心配でたまりませんでした。
どうにか携帯で話す事が出来ても、会話は途中で途切れてしまいます。
それでもなんとか、母は明け方には家に戻る事が出来ました。

2日後、両親は無事にシンがポールに帰って来ました。
私は滅多に、両親を空港に迎えに行く事はしませんが、
今度ばかりは迎えに行きました。
両親が到着ゲートで私を見つけた時、私がなぜ迎えに来たか、その意味を悟り、
みんなで泣きました。

帰り道の車の中で、母は自分が見たもの、体験した事を私に話してくれました。
これだけ大変な目に遇っても、人々はみな静かで、落ち着いていて、
ヒステリックになる事もなく黙って耐え、混乱も来さず、秩序を守り、
互いを助け合い、譲り合い、物資を分け合っていたと。
これが日本なのです。

私は日本人である事を誇りに思います。
そして今こそ、日本人は互いに協力し合い、整然と行動し、
母国を再生する力を世界に示さなくてはならない時なのだと思います。
私達には出来ます。なぜなら、私達は日本人なのですから。

しかし、言うのは簡単ですが、実際にやるのは本当に大変な事です。
今、日本は大変な危機状態に陥っています。
テレビのニュースで、その被害状況と失われた命の数を見る度に心が痛みます。

私の叔父は、陸上自衛隊に所属しており、朝から晩まで遺体処理を行っていて、
2週間自宅に戻っていません。でも、一言も辛いとは言いません。

仙台に住んでいる母の友人で、私のファンでも居て下さる大好きなおばちゃん。
ようやく電話が繋がり、声が聞けた時は、思わず叫んでしまいましたが、
「おうちは...?」とおそるおそる聞くと、
「だめになってしまったのはみんなと同じだから。命があるだけでもありがたいのよ。」
と言われ、私は絶句してしまいました。

また私の叔母は、こちらも被害が大きかった茨城県におり、
震度7クラスの地震を直に体験してから恐怖で寝る事が出来なくなってしまい、
余震と、水不足、食料不足で大変な生活状況のようです。
また旦那さんが東京電力に務めている事から、非常に形見の狭い思いをしているようで、
旦那さんは非常に勤勉で本当にいい人なので、とても気の毒に思います。
出来るだけ毎日メールをして、励ましています。

私の周囲でさえ、こういった話が山のようにあります。
ただ、祈るだけではなく、行動に移さなくてはなりません。
シンガポールからでも、やれる事はたくさんあります。

私の最初のチャレンジは、17日に行われた、GAMBATTE! JAPAN from SINGAPORE
というチャリティーイベントに、スタッフ及び歌手として出演する事でした。
大変意義のあるイベントで、一晩にして2,000人以上の人々が来場、S$76,000
(日本円で¥4,850,133)もの募金が集まり、スタッフとお客様と素晴らしい時を
わかち合いました。
私のライブの模様は少しだけ、私のfacebook ページでご覧頂く事が出来ます。

新たにいくつかのチャリティーイベントへの出演依頼も頂いていて、
出来る限り、参加して行こうと思っています。

また、4月17日に日本人会で開催する私のコンサートも、
チケットの売上げの一部を義援金として寄付する事に致しました。
当日会場に募金箱も設置する予定ですので、皆様どうぞご協力よろしくお願いします。
詳細は、このサイトのlive scheduleにまもなく掲載します。(しました)

再生には、本当に長い長い時間が掛かると思います。
私達はたくさんの事に、耐えて行かなくてはなりません。
日本、がんばれ!
しかし、どうかがんばり過ぎないでとも...私は同時に思ってしまうのです。

2011年03月17日

GAMBATTE! JAPAN from SINGAPORE

今、日本は大変な事になっていると思います。

11日から今日に掛けて、私自身の家族、親戚、友人も辛い経験をしましたが、
お陰様で全員無事で、今はそれぞれが出来る事を必死にやっています。

私も今晩、シンガポールで開催される、
GAMBATTE! JAPAN from SINGAPOREというチャリティーイベントの
主催者のお手伝いを微力ながらさせて頂いてます。
歌手としても出演する予定です。

主催者スタッフ全員の迅速な行動、それぞれが相手を思いやって、
助け合い...その心に感動しています。
初めましての人もたくさん居ますが、同じ思いを共有して、
仲間となってがんばっています。

これだけのすばらしい日本人達がシンガポールに居たのだと、涙が出る思いです。
シンガポールに来てよかった。
日本人でよかったと心から思っています。

今はたくさんお話したい事がありますが、
まずはこのイベントを全力でお手伝いしようと思います。

日本の皆さん、どうか笑って下さい。

上を向いて下さい。

絶対に大丈夫です。

だって私達は日本人だから。

2011年03月07日

Shin Min Dairy News

Sachiyo appeared on the 2nd page of Shin Min Daily News yesterday.
昨日の「新明日報」に記事が掲載されました。
ShinMinDaily.jpg

内向的な性格がシンガポールで育って積極的になったとか、
過去2枚のアルバムや、新しいアルバムの1曲目に収録されている"Michelle"の事とか、
以前日本でシンガポールを紹介するラジオ番組を持っていたとか、
自分がかなりシンガポーリアンっぽいと思っているとか、そんな事が書かれています。

しかしこちらは英字も華字も、人物は全てフルネーム表記です。
「Sachiyoだけでいいですってば」と言ってもしつこく聞かれます。
以前は抵抗がありましたが、もう慣れました。

And I visited JAS Auditorium where I'll gig next month to double check
their equipments today.
今日は来月ライブを行う、日本人会のオーディトリアムに機材の再点検に行きました。
7Mar2011.jpg
I did a gig at here10 yrs ago.
I felt it's a big venue (and yes it is...210 pax) at that time
but I feel small now...strange.
Time and experiences change people's perceptions...
But there's one thing never changed.
No matter how big or small the venue is, I always do my best.

10年前もここでライブを演らせて頂いたのですが、
以前は大きく感じたのに(いや、決して小さくはないのですが。210席もあるし。)
不思議な事に少し小さく感じました。
時と経験は人の見方を変えますね。
でも、大きかろうと小さかろうと演る事は同じ。
ベストを尽くす事に変わりありません。

東京は今日雪が降ったと聞きました。
日本の皆さん、ご自愛下さい。