« Lemongrass | メイン | 言葉は心 »

CHANELのマニキュア

私は「ネイル・サロン」というものに行った事がありません。

ピアノも弾くし、料理もするので、爪を伸ばせないし、
何となく億劫になってしまって、結局行かず仕舞い。
世の女性は、ヘアサロン並に通っているこのご時勢に
私みたいな存在は珍しいかもしれません。

ただ、きれいな爪は好きです。
爪を整えて、キレイな色のマニキュアを一色だけスッとひく。
その際に、私が使用するのは、CHANELのマニキュアです。

CHANELは洋服もバッグも正直あまり興味はありませんが、
化粧品は発色がキレイで好きです。
リップ、チーク、マニキュア等の色味のあるものはCHANELである事が多いです。
化粧品位であれば、お財布も痛まないしね。
シンガポールでは安価で入手出来ます。

中でも「赤」の発色は見事で、CHANELの「赤」は下品にならない。
「Shanghai Red」や「Olient」など、CHANELが「赤」を表現する時は、
「東洋」を意識していると思われるネーミングの物が多く、
私が好んで着るアジアの衣装によく合うのです。
「赤」は中国では吉と財をよぶ幸運色である事から、中国の「赤」の表現の仕方は
奥が深いので、CHANELさんも参考にされているのかもしれませんね。
05Aug09.JPG