« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月26日

巨星逝く。

マイケル・ジャクソンさん...亡くなったそうですね。
先日カラオケで、"I'll be there"を歌ったばかりなので、
何だか...心にぽっかり穴が開いたようです。

子供の頃、大ファンでした。
ジャクソン5時代の、純粋無垢な透き通った高音。
"Off The Wall"というアルバムがお気に入りでよく聴きました。
"Thriller"以降のダンサブルな曲ももちろん好きでしたが、
私は彼のバラードが大好きで、"I'll be there"、"Ben"等を聴くと、
シンガポールの子供時代を思い出します。
「リズム」は、バラードでも大切なのだという事を知ったのも、彼の歌からでした。

"Off The Wall"に収録されている"She's out of my life"という曲は、
私自身もライブでよく歌いました。
この曲の最後の方に、マイケルが泣きながら歌っているのが
アルバムから聴き取れるのですが、そこばかり聴いたりして...オタクだったなあ。
この曲のテイクの際、何度録り直しても、彼が泣いてしまうので、
結局そのまま収録されたという事を後で知りました。

そう言えば"Billie Jean"を歌う時に着ける、あの白いキラキラのグローブ。
父がアメリカ出張の時に「買って来て」とねだって、もちろんフェイクですが、
枕元に置いてお守りのようにして寝ていた事もありました。

高校生で日本に帰国した際に、ラジオのニッポン放送で、
「マイケル・ジャクソンに手紙を書こう!!」という企画があり、
私も英語で彼への気持ちをしたためました。
今度、自分も文化祭で歌う機会があり、
あなたの様に情感を込めて歌おうと心掛けていること、
将来は歌手になりたいと思っていること...書いてニッポン放送に送りました。

すると。
ある日、ニッポン放送から自宅に電話があり、
「あなたのお手紙が最優秀作品に選ばれました。」とのお知らせ。
「何か頂けるのですか?」と聞いたら、
「マイケルに最初に読んで頂けます。」との答え(笑)
何だそりゃ?と思いつつ、最初に読んで貰えるなんて、
やはりファンとしては嬉しかったのを覚えてます。

ここ15年位は、奇行やスキャンダルが絶えませんでしたが、
彼はミュージシャンなので、音楽以外の事は私にとってはどうでもいいこと。
歴史に残る"King of Pop"であり、彼が音楽にもたらしたもの、功績は大きく、
私にとっては、永遠のアイドル以外の何者でもありません。

そして同時に入ってきたニュース。
ファラ・フォーセットも亡くなられたとのこと。
同じくシンガポールでの子供時代、
彼女が出演する"Charlie's Angels"は楽しみなTV番組の一つでした。
当時は結婚していた旦那さんの名字を名乗っていたので、
「ファラ・フォーセット・メジャース」と言う方が馴染み深いのですが。
「チャララ〜」と始まるオープニングテーマを聞くと、未だに異常に燃えます。

今年に入り「日本のKing of Rock」の忌野清志郎さんも亡くなり...。
「姉ちゃんの清志郎のレコードを隠れて聴いてた...悲しい...。」と、
珍しく弟からメールが入りました。

先日は、恐らく日本中の男子の憧れであったプロレスの三沢光晴さんも亡くなり...。
こちらの在星日本男子も、口々に彼の死を惜しんでいます。

今年は巨星が逝く年なのでしょうか...。
心から。
心からご冥福をお祈り致します。
しかし、何だろう...この喪失感は。
本当に悔しい。

世間的には亡くなったという事にしておいて、
どこかで静かに暮らしていて欲しいと、ファンだった私は思ってしまいます。

2009年06月22日

Piano♪ピアノ♪钢琴♪

オーダーしていたエレピが来ました!!
7月の半ばに届くと言っていたのに、一ヶ月も早く到着。
▼新品は気持ちいいですね。
22June_1.JPG

22June_2.JPG

▼マニュアルに取りかかろうと思ったら、分厚い本が3冊も。
22June_3.JPG
そんなに複雑なのかと思いきや、同じマニュアルが、
英語、フランス語、ドイツ語と3冊も入っていたのでした。
海外で買うとこういう事になるのね。
何だかもったいない。

機能を使いこなして、早く仲良くなろう。
前のピアノとは、かなり徹夜を重ねました。
作った曲で想い出深いのは「ありがとう」と「心の声」
よく練習したのは「Asia Major」と「matahari」

このピアノとはどんなドラマが生まれるかしらん♥
生まれるといいんだけど...(^_^;)

2009年06月17日

Speak Mandarin Campaign.

タイトルは30年前からある、シンガポールの言語政策の一つですが、
それとは全く関係なく、私の中で勝手に始まったキャンペーンです。
昨日から中国語を習い始めました。

"Can you speak Mandarin?"と聞かれ、いつも「一点点」(少し)と答えていたので、
ちゃんと話せると答えられるようになりたかったからです。
中国語の歌を歌う為に、発音を徹底的に矯正して貰い、
発音だけはよくなりましたが、会話が続かなくて。
そこで、学校に通う事にしました。

習う場所を決めるにも、相変わらずリサーチ魔のワタクシです。
ネットから口コミから色々調べて、最終的に6件の中国語教室に絞り込み、
それぞれ電話をかけて下見に行き、ここはと思った所に決めました。
何より「続ける」事が大事と思ったので、
続けられる要素が揃っている所にしようと思いました。
まずは多少値が張っても、グループレッスンではなく、
プライベートレッスンにすること。それと、とにかく通うのに便利な所。
郊外の方に安い教室はありますが、往復タクシーを使えば結局同じと思い、
オフィスの向かい、オーチャードロード沿いにある所にしました。

迷ったのは、日本語で教える先生にするか、英語で教える先生にするか。
こちらではなるべく英語を話していたいので一石二鳥を狙い、
中国語の文法構造は日本語よりも英語の方が近いなど理屈っぽい事も考え、
しかし、しっかり理解する為には、やっぱり日本語で習った方がよいかとも悩み...。
そこで、コースを受ける前に、両方の先生を1回ずつ試させて欲しいと交渉しました。
日本だとこういう交渉ってちょっと気が引ける所もありますが、
シンガポールだとスムースに言えるから不思議です。

両先生とも中国本土出身で、当たり前ですが、すばらしくキレイな発音。
シンガポーリアンは母語である福建語や広東語なまりのマンダリンを話すので、
本土出身の先生である事がmustです。

日本語で教える先生は、日本語の「気持ち」までわかる先生で、
非常に丁寧で、教え方にスキルを感じました。

英語で教えて下さる先生は...英語の発音がイマイチ分かりにくく、
彼女は「サラリー」の話をしているつもりが、私には「セロリ」に聞こえるなど、
どうも話が食い違う事が多くて、教え方以前の問題だったので、
日本語で教えて下さる先生にお願いする事にしました。

先生に発音は全く問題ないと言われ、一安心。
基本は理解出来ているので、半年もすればペラペラになると言われました。
(ホントかいな)

こちらで習うのが良いのは、直ぐに試せる所ですね。
日常的になるべく話すようにして、がんばろうと思います。

▼マンダリンとは全然関係ないけど、今日のランチです。
17June09_1.JPG
久々に「文東記」のチキンライス。
チキンはまあまあかな? チリソースとご飯は美味しかったです。
手前の半分減っている奴は、私の大好物、イカンビリス(揚げた小魚)入りもやし炒め。
文東記のもやしは、さすが一本残らずひげを取ってるね。

▼デザートは場所を変えて、龍眼入り亀苓膏とグラマラッカのサゴ(タピオカ)
17June09_2.JPG
調子に乗って、2つも食べてしまった...。
でも、2つ食べても、$3.50(約250円)。
お得で好吃でした!!

2009年06月12日

初ヘアサロン。

今日は髪を切りに行って来ました。
ライブ等で、ヘアメイクをやって頂いた事は何度かありますが、
シンガポールで美容院に行くのは、実に14年振り!!
何と1995年以来です。

来星したばかりの日本人女性は、シンガポールでどこの美容院に行ったらよいか、
悩む所だと思います。
しかし最近は、急激に日系の美容室が増え、
日本人のヘアスタイリストが多く来星し、
日本語で日本人の高い技術を受けられるとの事で、
随分よい環境になったものだと思います。

でもこちらの日本語のフリーペーパーを見ていると、
日本人スタイリストを少々派手に取り上げ過ぎではないかと、私は思っています。
「◯◯◯サロン出身のカリスマ美容師、◯◯◯登場!!」と、
顔写真入りで、あちらこちらのページに掲載されています。
まあ、宣伝方法は人それぞれで、どんなやり方でもよいとは思いますが、
どうもチャラチャラした感じがして私はあまり好きではありません。
(ごめんなさい)

しかしローカルのサロン、そしてシンガポーリアンのスタイリストは、
正直、本当に当たり外れが極端にあります。
私のオフィスが入っているビルの2Fには、
シンガポールの女優さんやセレブが通っているサロンが入っていて、
知人に紹介しようかと言われましたが、
カットのみで$250(約¥17,000)もするそうです。
技術的には間違いないそうですが、そこまで出す気にはなりません。

まあ、現地のヘアサロン事情は大体こんな感じですが、
実は私は行く所を初めから決めていました。
昨年末にEsplanadeでライブを行った時に、
私のヘアメイクを担当して下さったTokoさん。
彼女は日本人ですが、私は彼女のヘアメイクと接し方が
とても好きだったので、彼女の居るヘアサロンに伺う事にしました。

ライブのヘアメイクというのは、非常に重要な要素なのです。
日常から歌手へと、魅力的なヘアメイクは気持ちを完全に切り替えられますし、
しかもライブ直前の緊張している時間を共有するので、
スタイリストさんとの相性はとても大事。
時々、喋りまくる人に当たったりすると、本当に辛いです。
勇気を出して、「少し静かにして頂いてもよいですか?」なんて言うと、
その後は極端にだんまりしてしまって、お互いに気まずくなったりします。

しかも天下のEsplanadeでのライブ。私の緊張はピークに達していました。
でもTokoさんは、私の気持ちを察して、お話したい時はにこやかに接してくれて、
譜面に手を取ると、スッと黙って下さって。その間合いがとても心地よかったのです。
もちろんヘアメイクもとても素敵にして下さいました。
▼その時の模様です。
P1000964.JPG

さてさて。
前置きが長くなってしまいましたが、予約を取って行って参りました。
久しぶりにお会いしたTokoさんは、何とご結婚されていてご懐妊!!
半年も経つと、世の中色々ありますね。彼女と色々なお話をしました。
シンガポーリアンとご結婚されて、シンガポールへの考え方や、
自分はどうしていこうと思っているか、とても現地に根付いた考え方をお持ちでした。
彼女と話が合うのは、シンガポールの日本人社会を踏まえながらも、
目は確実に現地に向かっていて、目標や意識が明確だからだろうなと思いました。

嬉しかったのは、Esplanadeでのヘアメイクは、
彼女にとっても印象深く、貴重な経験だったと言って下さったこと。
あの時はとてもナーバスになってしまったけれど、
嫌な印象を与えなかったみたいで本当によかった。

シャンプー、カット、カラー、トリートメント。2時間半で終了。
▼こんな仕上がり。
12June09.JPG
写真だとわかりにくいかな?
でも、エレガントな仕上がりで、ワタクシとても気に入りました。
実は、私は髪が多くて、くせっ毛なのを気にしているのですが、
それを武器に感じさせてくれるような事を言って下さって、優しいねー。
パーマをかけようかとも思ったのですが、要らないって。
▼最後にTokoさんと。
12June09_2.JPG
お値段も良心的で、しかも少しお安くして頂きました。
彼女の気持ちだと思って、ありがたく受け取る事にしました。

毎日、大切な人が少しずつ増えているようで、嬉しいです。

2009年06月11日

Now in Singapore...

こんにちは。
その後、皆さんいかがお過ごしですか?

私はここの所、精力的に動いてますよ。
音楽関係者やミュージシャンに話を聴きに行ったり、
ライブハウスの下見に行ったりしています。
どの様に活動するか...はっきり指針が決まったら、またご報告しますね。

さて、シンガポールの最新事情は...。
この不況の中、シンガポールはショッピングモールのオープン・ラッシュです。
3月にブギスにオープンした"ILUMA" (日本のレストランのフードコートが入ってます。)
4月にタンピネスに出来た"Tampiness 1" (ユニクロの1号店が入ってます。)
メインストリートのオーチャードロードにも、今年"Orchard ION"、"Orchard Central"、
"Somerset Central"と、3つの新しいショッピングモールが出来ます。

一つの通りに3つもショッピングセンターが出来るというのは凄い事だわ。
今、伊勢丹や高島屋が立っている所は、昔は...(すみません、言えません)で、
長い事手をつけられなかった敷地なのですが、今はもうすっかり忘れ去られているなあ。
オーチャードロードは、大昔は高いビルはマンダリンホテルしかなく、
2ウェイだったなんて話をすると、年寄り扱いされました(笑)

▼もうすぐオープン。"Orchard ION"
11June09_1.JPG
Esplanadeの外観に似てますね。これが夜になると七色に光ります。
24時間ノンストップで工事が進んでいます。
ユニクロはここにも2号店を出すみたいですよ。
(1号店はオープン当初、行列だったそうです)
銀座中央通りに例えれば、4丁目交差点「三越」の位置に、
出来るようなもので、一等地ですね。
実際、オーチャードと中央通りは、姉妹ストリートらしいです。

最新情報その2。
100%輸入に頼っている国なので、
国産のものは少ないシンガポール。
その中で、最近、日本人駐在人妻(略して駐妻と呼ぶらしい)の方々の気持ちを
虜にしているのが「TWG」というシンガポールブランドのお茶です。

昨年8月にRaffles Plazaの中に、茶葉の販売と、
ケーキやランチ等も食べられるサロンが出来て以来、
皆さん、足繁くこちらに通われているようです。
「TWG」と聞くと、「トワイニング?」と思われる方が多いらしいですが、
スパサロンの経営をしている"The Wellness Group"が運営しているブランドで、
その略称だそうです。

Raffles Plaza以外に、販売所がチャンギエアポート、高島屋やDFSにあります。
SQの機内販売でも売られているみたいです。
高島屋で横目に見つつ、サロンに一度行ってみようかしら...
しかし、日本人がたくさん居る所は、実はちょっと苦手で...何て思っていた所に、
今日オフィスに行ったら、なんと目の前にあるではありませんか、TWGが!!

私のオフィスは、オーチャード沿いの"Palais Renaissance"というビルに
入っているのですが、一時的にプロモーションで出店しているとの事です。
撮影がNGなので、お店の写真は撮れませんでしたが、
お店のお兄さんに色々とお話を聞きました。

世界36カ国の産地から茶葉を厳選し、その種類は200種以上。
Black Tea、Green Tea、White Tea...etc。
日本の茶葉を厳選してブレンドされたお茶もあり、
"Gyokuro Samurai"等、欧米人に好まれそうなネーミングや、
中国茶が好きな方には"Imperial Lapsang Souchong"、"Jade Dragon"
といった名前のお茶もあります。
SQのA380の就航記念に作られたものや、オバマ大統領が就任した時に
作られた"White House Tea"といった紅茶もあるそうです。

お茶は50gから量り売りをしていて$5からあり、最高値は$82のジャスミンティー。
ティーバッグや贈答用に缶に入っているものもあり、
ティーポットやカップ、お茶まわりのアクセサリーも売っていました。

マカロン(一つ$2)も各種売られていて、ローズ、レモン、ミント、キャラメル等、
試食したらみんな美味しかったです。(みんな食べました・笑)
何でも、それぞれのフレーバーの茶葉もちゃんと入っているそう。
試しにローズのマカロンと、TWGのSignature商品である
"Singapore Breakfast"という紅茶を50g($7.50)買いました。
「出店お客さん第一号なので、試したいものをサンプルであげるよ。」
とお兄さんが言ってくれたので、"Tokyo-Singapore"というお茶を選んでみました。
▼入手したもの一式。
11June09_2.JPG

"Singapore Breakfast"は、非常にスパイシーでエスニックな香り。
まさに「シンガポールの朝」といった味で、
マカロンの甘さとベストマッチで美味しかったです。
"TokyoーSingapore"は緑茶ベース、ゆずとサクラの香りがします。

▼紙袋の横には、既に出店している、あるいはこれから出店予定の国が
印刷されていました。東京も近々出店するそうです。
11June09_3.JPG
しかし、缶のパッケージや雰囲気がパリの「マリアージュ・フレール」に
よく似ているなあと思ったら、やはりTWGのティーマスターは、
マリアージュ・フレール出身だそうです。

マリアージュ・フレールと言えば、日本を出る時に、
お友達に「サクラ・グリーンティー」というお茶を頂き、オフィスで愛飲してました。
▼こちら。
11June09_4.JPG
オフィスの1階にTWGも出来たし、しばらくはお茶に困らなさそうだわ。

TWGは、詳しくはオフィシャルサイトをどうぞ。

2009年06月05日

Great Singapore Sale

5月29日〜7月26日まで、国をあげてのシンガポール最大のセール、
Great Singapore Saleが開催されています。
学校の休みが始まった事もあり、週末の繁華街は凄い人です。
この時期は、金曜、土曜は、23時まで営業しているデパートもあります。
▼オーチャードには、こんな垂れ幕がかかっています。
05May09.JPG
ベタですが、やっぱりちょっとクスっと笑ってしまいます。
おもしろい国だ。

年に1回の大きなセールで、シンガポーリアンはこの時期に大物を狙います。
一番は電化製品みたい。
生活を始める者にはありがたく、私もベッドまわり一揃いを$538→$199、
シューズボックスを$320→$160で購入しました。

こちらは、セール前に商品のお取り置きが出来たり、
セール前日にセール金額で買う事を許してくれるお店もあります。
知らないと損ですよね。でも、あまりよい事でもない気がします。
それから、セール初日に良いものが並んでいるとも限らない。
2ヶ月間も続くので、途中で良いものを出してくるお店も結構多いです。
これは知っておくと得かな?

政府観光局さんも後援されているので、旅行者には更に特典が付く事も多いです。
パスポートを掲示すると、更に10%OFFとか。

買い物は、品良く、賢くしたいものです。

2009年06月01日

Happy Birthday Papa!!

昨日、5月31日は父の誕生日でした。
69才「古稀」という節目の年。
父の会社の精鋭スタッフが「誕生日プロジェクト」を組み、
数週間前から準備を進めて来ました。私も幹事お手伝い。

会場は、NSRCC (National Service Resort & Country Club) のバンガロー。
シンガポールは兵役がありますが、軍隊で訓練を受けた兵士への保養所として
建てられたもので、ゴルフコースからマリンスポーツ、宿泊施設と何でも揃っています。
法律や規則は厳しくも、サポートや援助も決して怠らない、よい国です。
今年はこのバンガローを借りて、手作りの誕生会が開催されました。

パーティー前日からチェックイン。
スタッフと一緒にパーティーグッズを購入して、部屋中を飾り付けしました。
▼入り口には"The party is here!!"。部屋の中には祝69才のバナーを。
01June09_1.JPG 01June09_2.JPG
バンガローの施設も充実していてキレイ!!
テラスから、キッチンから、リビングにと何でも揃っています。
ベッドルームも二つ、バスルームも二つあります。
▼2階にあるベッドルーム。
01June09_3.JPG
▼ローカルフードのケータリングもして...(紫色の飾り付けで私好み♪)
01June09_4.JPG
▼バーベキューも楽しみ...
01June09_5.JPG
▼ダーツ大会で大盛り上がり。
01June09_6.JPG
▼そしていよいよケーキタイム。「古稀」と描かれた「ゴルフの芝」のケーキ。
01June09_7.JPG
▼みんなでヤムセ〜ン!!(飲勝と書きます。シンガポール式乾杯)
01June09_8.JPG
▼「Birthday King!!」と書かれた、たすきを掛けられて、父も嬉しそう!!
01June09_9.JPG
▼プレゼントは、フェラガモのビジネスシューズとスニーカー。
01June09_10.JPG
ブランド物には全く興味がない父も、何故か靴はFerragamoとBarryがお気に入り。
靴を欲しがっていたのを知っていたので、ワタクシが選びました。

最後は、私が持っていったロールピアノで伴奏をしながら、
日本語、中国語、英語の歌をみんなで大合唱。
もう、本当に楽しい夜でした!!
準備費用からプレゼントまで、みんなでお金を出し合って、
手作りの真心のこもったお誕生会。
一生懸命用意して下さるスタッフ皆さんの様子を見て、本当に目頭が熱くなりました。
パーティー、遊び好きのシンガポーリアンの大人達、最高です!!