« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月27日

リハーサル終了!!

雨が続いて、毎日寒いですね...。
このままどんどん寒くなるのは嫌だなあ...と南国育ちの私は切に思います。

12月5日のライブが近づいて来ました。
全体でのリハーサルを早々と終わり、少し落ち着くも、
やる事がまた山積みになりました...。
ライブのリハは大体、本番2、3日前に行う事が多いですが、
師走時は全員忙しく、10日も前に合わせる事になりました。

ライブの度に、その回のテーマと趣旨、
選曲、曲順、演出、曲毎の楽器編成、演奏の方向性、
全てを自分で決めます。
ライブ以外の事務的な事、突発事項、本番の不安や緊張、コンディション、MC、
そういった演奏以外の事を差し引いて、7割方OKであろうという構成にします。
自分の実力一杯一杯の構成にしてしまうと、何かあった時に、対応仕切れないのです。

別に手を抜いている訳ではなく、きちんとした形でやり遂げること、
お客様がお金を払ってよいと思えるレベルを保つ事、
それがプロフェッショナルだと思うのです。

しかし、クオリティーコントロールしながら、
毎回必ずある種の挑戦を試みます。
同じ楽曲を新しくアレンジし直したり、今までやらなかった事をやってみたり。
アレンジは自分でやったり、ピアノの高島さんにお願いする事が多いです。
高島さんにお願いするのはいつも平均3〜4曲位です。
アレンジしない曲も、毎回全く同じ演奏になる訳ではないので、
新規は3〜4曲位が、自分のやり切れるレベルだろうと...感覚のお話ですが。

「こういう方向性でお願いします」と指定する場合もあれば、
「好きに料理して下さい」と、言う場合もあります。
高島さんは、ピアニストとしての技術が非常に高い方なので、
アレンジは大変高度なものが出来上がります。
何と言うか、歌手としてよりも、一つの楽器になる事を求められます。
決めや仕掛けも多いので、譜面を見っぱなしじゃないと訳わからん...
というようなレベルです。

しかし「ラララ」で歌うならまだしも、歌手には歌詞もあるし、
感情移入して言葉の意味を表現し、
お客様の顔をまんべんなく見ながら歌いあげる等、
やることたくさんあるがな、という感じなので、ほんとに参ります。
挑戦も含めて、7割方OKの構成にしていても、
優に10割いってしまいます。
アレンジして頂いた楽曲を全員でまずちゃっと合わせると、
パーカスの岡部さんが「う〜ん、すばらしい...」と毎回ため息を付く程です。

私は「怖いよ〜」と思う気持ちを必死に押さえ、
これが出来ないヴォーカリストには、こんなアレンジ上がってこないだろう、
信用されてるに違いないわ...と、自分を盛り上げる方に解釈し(笑)
「よ〜し、やったろうじゃん。」と奮起するようにしています。

今回はえらい事にベースの大坪さんにも、私はちょっと挑戦してみます。
やめときゃいいのに、やってみます。
一度合わせてみたら、ハラハラドキドキ。
でも自分が出来ること...更にプラスアルファがんばってみようと思います。

岡部さんには? 岡部さんは挑戦?という形で、接する感じではないんだよなあ。
なんて言ったらいいのか。あの方、私と私の音楽をお見通しなんです。
新曲も聴く前からわかってるって感じで、少し感じ悪いです。
だから、日本が世界に誇る岡部洋一巨匠に対して、
何とな〜く私はいつも意地悪を言いたくなります。
「岡部さん、今回サンタですから。」
「えっ?俺、サンタ?...わかりました。」
何がわかったんだろう...???(笑)

とにもかくにも、全曲並べてみたら、えらい構成になってしまいました。
しかし、メンバーの演奏、凄いです。世界レベルです。
聴いててゾクゾクする。スリリング!!
歌もなあ...ヴォーカルの限界に挑むか...という内容です。
こりゃ、本番までお酒と辛いもの、一切禁止しないと...もたない。

でも。今年日本では最後のライブ。
2008年を素敵に締めくくれるようがんばりますので、
皆様、ぜひ遊びにいらして下さいませ。
ライブの詳細はこちらをどうぞ。

▼「Southern Christmas」の譜面。左が私が書いた原譜。右が高島ヴァージョンです。
Score.JPG

2008年11月19日

Singapore Inc.

今日はM・R・Sの小島社長と広報の志保さんとAURUMでランチ。
M・R・Sはご存知、Singapore Seafood Republicなどの
レストランワンダーランドグループを経営する会社です。

昨年の4月位から、公私ともに仲良くさせて頂いて、お食事をご一緒している。
私が言うとちょっとおこがましいのだけど、ビジネスセンス、姿勢、食へのこだわりは
本当に見事で感心してしまう。
小島さんはあれだけのレストラングループの社長にも関わらず、
腰が低く謙虚な方で本当に人がいい、広報の志保さんも私は妹のように思っている。
いつ会っても温かい方達で、話が尽きない。

私の周りにはお陰様で「公私ともに仲がよい」関係の人達がたくさんいる。
「公私ともに仲がよい」と簡単に言っても、実はこれはとても難しいことだ。
ビジネスはどうしても利害関係が生まれるから、プライベートでもお付き合いを
したとして、そのバランスを取るのは難しい。
でも、私はこう思うのだ。
「ビジネス」は稼ぐこと、損得勘定が入るとしても
その方法論、お話の仕方にはやはり「人間性」が出る。
特にいざという時、トラブルが起きた時など、それが顕著に出る。
「その時」に、どう対応し、どういう言葉が出るか...。

皆さんとお仕事をご一緒しながら、その対応、その言葉に感動してしまう事が
私は多々ある。
相手の立場やポリシーを尊重しながら、お互いをサポートし合って、
信頼関係が生まれる。
「人間性が出る仕事」を気持ちよくご一緒出来たとき、
プライベートでも仲良くなってしまうのは、自然な事かもしれない。
しかし、それは頻繁に起きる事でもない。
そんな関係を築ける方達が周囲に居て下さる事を、私は心から感謝している。

「あなたはまじめ過ぎる。アーティーストはもっとわがままになっていいんだよ。」
今日、小島さんにそう言われて、何だか色々な事を見透かされたような気がして、
私は涙が出そうになった...ありがとうございます。
最近、会社のスタッフで、山登り、トレッキングに行かれているらしい。
誘われてしまった...あたしゃ、それまでに体力つけなきゃアカン。

レストランワンダーランドの最新ニュースは、
銀座マロニエゲートの11Fにある「China White」が業態変更、
12月4日より「Singapore Seafood Republic 2号店」になるそうです。
品川店に行きたかったけど予約が取れなかった方、銀座の方が便利な方、
ぜひ足を運んで下さいませ。

今日、嬉しかった事がもう一つ。
先週も夜中にAURUMに行って、弟にBirthday cocktail & plateを出して貰ったのですが、
今日も日中のスタッフが気を使ってくれて、デザートをバースデー仕様にしてくれました。
▼Birthday dessert!!
1119_AURUM.JPG
このリンゴのタルト、絶品でした!!

AURUMは先週の「ごちバトル」に続き、今週21日(金)23:00〜TBSで放送される
恋するハニカミ!でも起用されますので、見てみて下さい。
小島社長も絶賛したAURUMのコースを味わいに、皆さんもぜひお越し下さいネ!!

2008年11月17日

Party! Party! Party!

先週は、Birthday Partyに続き、大使館でもパーティーがありました。
日本シンガポール協会さん主催で行われる忘年会。
私は今年で、5回目だか6回目だかの参加で。
昨年は、函館シンガポール協会の会長が亡くなられて、
朝一番の飛行機で函館に行き告別式に出席して、
夜は東京に戻りこの大使館のパーティーに参加しました。
会長の柳沢さんが亡くなられて一年。
本当に優しい、お父さんみたいな方だった。
今日、シンガポールより蘭を取り寄せて、函館にお贈りした。
もっと色々とお話したかったなあ...。

さて、その大使館でのパーティー。
毎年100人位のシンガポール関係者が一同に介します。
毎回シンガポール料理が出されますが、
今年はハイナンチーファンさんが、お食事を出されました。
▼大広間にて。お着物の方とかもいらっしゃいます。
Embassy_1.JPG
私はこの日、先週3度目のチキンライスを堪能。
ラクサに、ニョニャスイーツまでありましたよ。
▼サロンではジャズライブもありました。
Embassy_2.JPG
私もここのサロンで、4回ライブを演らせて頂いてますが、
sachiyo的には、何で私のライブが終了してから、
グランドピアノを入れるのさ!!という感じです(笑)
シンガポール大使館は以前はピアノが無く、
ず〜っとリクエストをしていたのですが、なかなか入らず、
私はギターとベースとのトリオとかキーボードで演らせて頂いてました。
生ピアノでライブが出来るようになった今、いつかまた機会があれば嬉しいな♪

今年はインドのシャルワールカミーズを着て、参加しました。
9月のライブでお披露目したものです。
そうすると、初対面の方から"Are you Japanese?"と聞かれ、
"I'm Singaporean...But Japanese sukoshi wakarimasu..."とカタコトで答えると
周囲の方達に「何言っちゃってるの?sachiyoさん」と突っ込まれみんなで大笑い。
すみません...冗談が過ぎました(笑)

▼帰りに海南鶏飯食堂のシローさんとエントランスでパチリ。
Embassy_3.JPG
"Majulah Singapura"の国賞の下で。半分欠けちゃってますが...。

最近、日本で英語...と言うかSinglishを話す機会が多く、
この日も皆さんと、日本語とSinglishとぐちゃぐちゃで話しながら、
帰りは"Hope to see you again lah!!"とか何とか言いながら別れました。
何だか外国かぶれの嫌な感じの日本人と思われないかと思って、
以前はきっちり日本語と英語を分けて話すようにしていたのですが、
最近は、こういう事もあまり気にしなくなりました。

それより英語はともかく、中国語をちゃんと話さないといけない
必要性がここの所出て来ました。加油啊!!

2008年11月15日

Birthday Party!!

11月11日は私の誕生日でした。
そう。ぞろ目です。結構気に入ってます。蠍座の女です。
いくつになったかって?
去年ステージの上で教えたので、もう今年は言いません(笑)
そう。昨年は10周年記念ライブをやって...もうあれから1年です。
月日が経つのは早いですねえ...。

11日当日は、シンガポール時代の同級生が我が家に集まってお祝いしてくれました。
同級生の中にチャイニーズのシェフが居て、なんとチキンライスを作ってくれたのです。
▼河野シェフ、材料と格闘中。
kono_1.JPG
▼出来上がったのがこちら。美味しかった!!
C_Rice.JPG
同級生の中にもう1人同じ誕生日のなおちゃんが居て...。
▼ケーキは二人のname plate入り。
cake_1.JPG
▼で、二人の共同じゃなくて入刀作業となり...。
nao_sachi_3.JPG
▼Birthday girl 2人でお返しにサイドメニューも色々作りました。
side_menu.JPG
▼バンダ(蘭の品種)入りのシンガポールっぽいお花も頂き...。
flower.JPG
▼みんなで盛り上がりました!!
All_1.JPG
写真に映ってない人達も居るのですが、平日だった事もあり男子は2人のみ。
ハーレムだわね...と言いたい所でしょうが、
男子2人、女子にこき使われハーレムだったんだかどうだか。
しかし男子2人、本当にまめによく動いてくれて、
やっぱりシンガポール育ちの男の子は違うわ〜という感じでした(笑)

自分の誕生日と言えど、我が家だったので、
色々動かなくてはいけなかった訳ですが、
私が動くとみんな気を使うかな〜と思ったり、
酔っぱらってフワフワしていた事もあり、あまり動きませんでした。
そうすると、みんな上手くお皿やらコップやらを探してきてくれて、
お片づけもやってくれて...。
準備の時も、台所でシェフが作っているそばで、私も横に立って
一緒に作業する事も苦(?)にならず...。
(彼氏には、作ってる時に台所入らないで〜のタイプの女ですわ)

何でも仕切り屋、幹事役の性格の私の中で、
何となく何かが変わって来ている感触がありました。
今回また一つ歳を取って、自分に無理のない、周りに頼る所は頼って、
少しリラックスしながらの生活を送りたいなと思う夜でした。
みんな、本当にありがとう!!

平日だったので0時には解散になりましたが、残った3人で弟のお店AURUMへと...。
▼弟がBirthday Cocktailを作ってくれました。
B_cocktail.JPG
▼おまけにBirthday Plateも。
B_plate.JPG
極上の夜でございました。
考えてみると、小学生の時にシンガポールの我が家で、
Birthday Partyを開いた事があるのですが、
今回は、その時に来てくれた友達が4人も居たのです...。
もう何10年のお付き合い???
幼なじみ飛び越えて、もう身内みたいな感じだなあ...。
みんな変わらずの笑顔で...これからもずっと仲良しでいようね...with love♥

2008年11月09日

毎日寒いですねえ...。

今日は雨が降ってしまいましたね。
ここの所、急激に気温が下がって、私はシンガポールの疲れもあってか、
風邪を引いてしまいました。

職業柄、風邪を引いた場合は、速攻直す。

中国秘伝漢方薬、ユンケル、ビタミンC取って、首と背中温めてマスクして...。
2日で直しました。よし。

今日11月9日は、シンガポールに住む母の誕生日。
"Happy birthday mom!!"とBirthday callをした後は、
いとこのダンサーsaeちゃんの舞台を観に行って来ました。

ヴァイオリン3名、ヴィオラ1名、チェロ1名、フルート1名、パーカス2名、
ピアノ4名、書道家1名、ダンサー2名と様々なアーティストが、
編成を変え、方法論を変え、入り乱れてのRojakな内容。
そこにsaeちゃんが、空間を舞う舞う。
sae1109.jpg

これだけメンバーが居て、色々な事をやると、
とっちらかる可能性もあるのでしょうけど、
演出も構成もまとまってて、とてもよかった。(また上から目線か?)

しかし、saeちゃん、会う度にきれいになるわ〜。
また創作意欲湧いてしまった。
今は言えないのですが、う〜ん、この勢いだと楽しみだわ...。

ライブが行われたのは野方区民ホール。
▼帰り道にみつけて思わず買った、創業昭和8年、金時煎餅の黒こしょう煎餅
senbei.jpg
う〜ん、美味しい。black pepper 利いてるわ〜。
これ食べながら、ブログ書いてます。

さて、saeちゃんの舞台の後は久しぶりに西荻によって夢飯(Mu-Hung)に行きました。
▼いつものsachiyoの定番。
muhung_1.jpg
チキンライス小、皮なし、パクチーなし、グリーンチリ添え。
これに、アボガドサラダに、海南パフェ、ジャスミンティー。
良く食べました。

シンガポール料理のレストランは本当に増えたし、私もみんな応援してますが、
夢飯さん、何と言っても、海南チキンライスの日本のパイオニアですから。
2000年オープン。
基本メニュー、価格、クオリティー、変わらずに提供し続けるのは
凄いなあと思います。
久しぶりに行ったら、チキンライス、マレー風カレーライス、鶏粥の
3大メインメニューの他に、平日はミーゴレン、土日はラクサが加わっていました。
▼スペシャルメニューはボードに。
Muhung_2.jpg
▼最新サイドメニューは「海老揚げパン」
muhung_3.jpg
油条に海老のすり身をのせて揚げたスナック。
チリマヨネーズ&カレー塩で。おいしそ。

マスターのルイさんと、久しぶりに語ったなあ〜。
今年は"Singapore Festival"開催しなかったので残念だったけど、
お互いを応援する気持ちは変わらず相思相愛で...嬉しかった♥

さあ、私もやること一杯だ。がんばろ。

2008年11月02日

11月に入りましたね。

急に涼しくというか、寒くなりましたね...。
今日はシンガポール話はちょっとお休みして、昨日の出来事を。

昨日は、期間限定でプランタン銀座に出店中の
ROUROUさんの所に遊びに行って来ました。
デザイナーのマキちゃんもお店に立つとの事だったので、
シンガポールのお土産持って、いそいそと。
▼妹みたいなマキちゃんと。
maki&sachiyo.JPG
シンガポールではNHKが見れるので、在星日本人のほとんどの人が、
NHKで放送された「上海タイフーン」をご覧になっていました。
シンガポールでROUROUの洋服を着ていたら、
「上海タイフーンに出て来た衣装みたいですねぇ。」と色々な方に言われ、
「まさにそうなんですよ。」とお答えして。
ROUROUさんの服は日本人のみならず、シンガポーリアンにも評判が良かった。
ROUROU上海店でも、シンガポーリアンのお客様が結構いらっしゃるそうです。
▼プランタンの1Fにご出店中。
ROUROU_1.JPG
劇中でも目立った衣装をショーウィンドウに飾られていました。
お店には、ドラマをご覧になった新しいファンの方もぞくぞくと来られていて...。
私もこれからも、うんと応援するからネ。
11/5まで出店中です。皆さんもぜひ遊びに行って下さい!!

夜は、my darlingのタケル君のBirthday Dinnerへと。
10月25日に7才になったタケちゃん。
シンガポールで買った、ドラゴンのTシャツとライオンの
ぬいぐるみを持って会いに行きました。

会えば、いつものようにhugしてkissして熱烈なご挨拶。
私の紫色のフレアースカートを見て、
「そのスカート、sachiyoちゃんに凄く似合ってる。可愛いー!!」と一言。
相変わらずのプレイボーイぶりです。
世の日本人男性に見習って欲しいわー、まったく(笑)

カラオケにどうしても行きたいと言われたので、
食事が終わったら、カラオケへと。
▼ポニョの映像に釘付け。選曲はやっぱり子供だ(笑)
Takeru.JPG
▼続いて私も歌ったら、タケちゃん、途中からいきなり入ってきました!!
Take&sachiyo.JPG
う〜ん。これじゃあ、どう見ても親子にしか見えん...。
歌っているのは中村中さんの「友達の詩」。
こんな複雑な内容の歌を、7才の男の子と歌っていいんだろうか...。
タケちゃん「手をつなぐ〜くらいでいい〜。」と熱唱してました。

とにもかくにも、楽しい一日でした。

2008年11月01日

シンガポールその2

シンガポールの食について話し出すと、切りがないのですが、
とりあえず今回の滞在で食べた物をちょこっとご紹介。

「日本に持って行くシンガポールのお土産って何がいい?」と、
シンガポール滞在の日本人の方によく聞かれます。
マーライオンのチョコレートやクッキー等はわかり易くてよいのでしょうが、
ちょっとありきたりかと悩まれるのでしょうね。
まあ、マーライオン系の物も色々ヴァリエーションが出ていて、
高級品では、GODIVA Singapore限定のチョコもあったりするし、
手軽な所では、2年前位から販売されるようになった
下記のクッキーは美味しくておすすめ。
▼マーライオン・クッキー。
M.L_cookies.JPG
写真のライチ味が私は一番好き。
他にマンゴスティンやパイナップル、ドリアン味等もあります。
まあ、ドリアンは止めた方が無難かもしれませんね。
中は1個1個、個別に包装されていて12個入り。
会社等でちょっと配るのに丁度よいでしょう。
値段は確か1箱S$5ちょっと(¥400位)。

一番シンガポールらしいおかしは、国内の所々にある
Bengawan Soloのスイーツ。
プラナカンやチャイニーズのお菓子が手に入ります。
パッケージも可愛い。空港にも支店があるし。
前にシンガポール出身のスターTanya Chuaさんと共演させて頂いた時、
彼女が「お土産よ〜。」と言って、スタジオに持って来てくれたのも、
ここのBengawan Soloのお菓子でした。
▼私のお気に入りはKueh Lapis Prune。
Lapis.JPG
マレー語で"Kueh"はお菓子、"Lapis"は層。
プラナカンのバームクーヘンみたいな物ですね。
シンプルな"Kueh Lapis"もありますが、
私はこのプルーンが入っているものが好きです。

その他、私がよく買うお土産は、日本でも知られているブランドで、
日本では手に入らない物です。
紅茶のリプトンの「シナモン・アップル」とか
「レモングラス・ジンジャー」とか「ピーチマンゴー」フレーバー等。
かなりシンガポールっぽい物としてはこれでしょう。
▼日清カップヌードル、トムヤムとラクサ味。
C_Noodle_2.JPG
他にチリクラブとかシーフードカレーとか、
御当地ものというかアジアっぽい物が色々あります。
渦中のカップヌードルですが、これらは既にプラスティックの容器に入っており、
ご丁寧にご覧のように個別にパッケージ包装されています。
しかもラクサはペースト状のサンバルが別個に包装されて中に入ってます。

味は本物には勝てませんし、ラクサ等はホーカーセンターで¥200位で食べれるので、
シンガポールで食べるにはどうかと思いますが、
日本の家で気軽に食べれるという点ではよいと思います。
御当地系では、私はトムヤム味が一番好き。ライム搾れば更にGood!!
値段は¥100位。

カップヌードルを食べると女子としては、何となくいけない事をしている
気分になるので、必ずフルーツを食べます。
シンガポールは南国のフルーツが豊富で、私は本当に大好き!!
マンゴやパパイヤ等、リンゴや梨のような感覚で、
小さい時から日常的に食べています。
▼今回はちょっと変わった南国のフルーツをご紹介。
Fruits.JPG apple_custard.JPG
左側の写真のコロっとした形の緑色の物は"kendongdon"。
「ケンドンドン」って名前が面白いでしょ?
がりっとした食感で、さっぱり、酸っぱい味がします。

白い豆状のものは"Atap Seed"。
「アイスカッチャン」(こちらのかき氷)によく入っていて、
歯ごたえがしっかりあり、かなり甘いです。

黄色いものは"Star fruit"。
輪切りにした断面が星の形になる事からこの名前になりますが、
一辺一辺を切った形で売ってる事も多いです。
食べ尽くすというよりはしゃぶる感じで食べます。
水分が豊富でさっぱりとした味。

赤いものは"Rose apple"。
色が赤くて、形状がリンゴっぽい事からこの名前。
味は名前負けしてます。かなり淡白な味。
濃厚なフルーツも豊富なシンガポールですが、
今回は、カップヌードルと一緒だったので、
かなりさっぱりめの物を選んでみました。

濃厚という所で言えば、右側の写真は"Custard apple"。
カスタード状のトロっとした食感でかなり甘い。
うちの食卓に並ぶ確立がかなり高いフルーツです。

▼ランチでよく食べるのが、Claypot Rice。
Claypot.JPG
"Claypot"つまり「土鍋」の炊き込みご飯のようなもの。
写真は"Seafood Claypot Rice"。
熱々、しっかりとした味で、おこげが最高。
家が近いので、YMCAのクレイポットライスは好きでたまに行きます。
今回久しぶりに母と行って、スタッフに"Long time no see lah!"と
言われてしまいました。

▼ランチと言えば、今回久しぶりにLei GardenのDim Sumに行きました。
Lei_garden.JPG
北京ダックがIconの高級広東料理のレストランですが、
同じ高級広東料理系では我が家はHua Tingに行く事が多いので、
ここ10年位は行ってませんでした。
ジンジャーたっぷり載っけて、小龍包、美味しかったですヨ。
シンガポーリアンの友人と行ったのですが、
私が歌手と知っている友人は、大体飲茶に行くと、
いつも勧められるというか、半ば強制的に飲まされるのがこれ▼
亀苓膏.JPG
「亀苓膏」つまり亀のゼリーと同じ成分の、喉に良い漢方のドリンクですね。
かなり甘いけれど、スーッとして、喉がコロコロして来ます。
決して美味しいというものではありませんが、
友人の好意、いつもありがたく頂戴しております...(笑)

前回行って、その美味しさが忘れられなかったので、シンガポールに住む
同級生に再度連れて行って貰ったのが、天天のSteam Boat▼
01Nov08.JPG
あっさりしたスープが絶妙です。
クレソンをたくさん入れて食べるとホント美味。

こんな調子でシンガポールに帰ると食べてばっかりです。
書き切れないので、この辺で。
今回は、滞在中に食べたほんの一部を、紹介しました。