« 2008年09月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月26日

帰国しました。

留守の間に、東京の秋は深まり、
金木犀の香りはどこかに行ってしまいましたね...。

今回のシンガポール滞在は2週間。
後半の1週間は雨ばかり降って気温も低かったので、
あまり気温差を感じる事もなく、日本の生活にすんなり戻れそうです。

今回も色々な事を感じて来ましたが、
また「食」を中心に(笑)、少しずつシンガポールをご紹介して行きます。

シンガポールは相変わらずバブルでした。
昨今の金融危機で情勢は変わってくるでしょうけれど、
話題になっているレストランは、ファインダイニングばかりです。
世界中の食材のフュージョン料理、豪華な内装、
カフェはソファを主体に置いている所が増えました。
こういった所は、基本料金が高い上に、
サービス料10%にGST(消費税)7%も付くので、
ランチと言えど$30〜50(約¥2,000〜¥3,500位)になります。
日本とあまり変わりませんね。

まあ批評も、まずは行ってみてからと、
取りあえず話題になっているお店に行って見ました。

まずはBotanic Gardens(国立植物園)の中にあるHaliaから。
"Halia"はマレー語で「生姜」という意味です。
ボタニクガーデンは広大で、エリアが色々別れていますが、
250種類もの品種のジンジャーが咲いている「Ginger Garden」の中にあります。
お料理はいわゆるコロニアル料理ですが、生姜が使われた料理や飲み物が楽しめます。
ボタニクガーデンは子供の頃から親しんでいる場所で、
"Halia"のそばはよく通ってましたが、中に入ったのは今回が初めてでした。
▼外観。緑に囲まれて素敵です。
Haria_2.JPG
▼チリクラブスパゲッティーとHariaの特製ドリンク"Halia infusion"
C_pasta.JPG Haria_1.JPG
味は、普通に美味しかったです。
生姜のドリンクはローカルテイストで、いわゆる日本人好みではないので、
好き嫌いが別れるかもしれません。
私は馴染みのある味なので、好きですけどね。
チリクラブスパゲッティーがかなりオイリーで量も多いので、
Halia infusionを飲むとスッキリしてバランスが丁度良かったです。

次に行ったのは、Naumi Hotel
ラッフルズホテルの裏、メトロポールホテルがあった場所に出来たばっかりの
新しいホテルです。
シンガポールもいわゆるデザイナーズやブティックホテルというものが増えていて、
Gallery HotelThe ScarletNew Majestic同様、Naumiも小型のラグジュアリーホテルです。
街中にある大型ホテルより、こういう所に泊まった方が面白いかもしれませんね。

こちらの内装と朝食に興味があったので、前夜2:30位まで飲んでいましたが、
気合い入れて7:00起きして友達と行きました。
▼スタイリッシュなロビー。ここでお食事も頂きます。
Naumi_1.JPG
▼Breakfast Buffet
Naumi_2.JPG Naumi_3.JPG
非常にシンプルでヘルシー。
野菜は無農薬、ヨーグルトや牛乳、フレッシュジュースも色々な種類が用意されていて、
ビタミン材までありました。
「キャロットジュース」はリンゴ等が混ぜられていなくて、本当に100%にんじん!!
びっくりしましたが、美味でした。
お値段はS$25++で、まあS$30かかります(¥2,000位)
私の場合、自宅がシンガポールにあるし、
ホーカーで¥200位で朝食が食べれる事を考えると割高ですが、
まあ、たまにはいいでしょ!!
このホテルの売りは、ルーフトップにあるプールです。
スタッフが皆フレンドリーで、見せて欲しいと言ったら、
心良くOKしてくれました。
▼この景色です!!
Naumi_4.JPG
シンガポールは、国の持ち味をスタイリッシュに見せる事が
上手になったなと思いました。(ちょっと上から目線ですかね?・笑)

次に行ったのは友達が案内してくれたP.S. Cafe
Tanglin VillageにあるP.S. Cafeは行った事がありましたが、
繁盛しているのでしょうね、オーチャード沿いのPalaisやParagonにも
支店が出来てました。今回は、Palais店にlunchに行きました。
▼天井が高くて、グリーンが豊富な店内。
26Oct08_1.JPG
▼スープとキッシュ&サラダ。
26Oct08_2.JPG 26Oct08_3.JPG
オニオンスープと根菜のキッシュ。
普通に美味でしたが、私が一番好きだったのはサラダ。
野菜がフレッシュで柑橘系の香りがするドレッシングは美味しかったです。
▼デザート
26Oct08_4.JPG
ジンジャープディング、アールグレイティーソース掛け、
トッピングにココナッツアイスと凄いボリュームです。二人で一つで十分。
アイスは通常はバニラが載ってますが、シンガポーリアンの友人が
ココナッツに変えてくれと言ったら心良くチェンジしてくれました。
ただ「うちのバニラはホームメイドで自慢の味なので、次回はぜひ。」
と念を押されました(笑)

一品一品かなり多め。お値段もちょっとしますね。
上記の料理に「レモングラスティー」を付けて、
ランチ二人でS$105(¥7,000位)いきました。
ただ環境の良さと確実な味、スタッフのサービスの良さを考えると
この位するのかな...?

今回はちょっと豪華なお食事をご紹介。
賞を取ったインドのレストランSong of Indiaにも行きましたが、
近い内にインド文化をご紹介しますので、その時に書きますね。

総じて言えるのは、ファインダイニング系は、味は日本の方がレベルが高いと思いますが、
スタッフのフレンドリーなサービスの良さはシンガポールの方が上と感じます。
日本はラグジュアリー系のレストランは、ちょっと高圧的で敷居が高い印象があります。
また日本のサービスは「知らないと受けられない」とか、受けるには条件が付く事が多い。
誰にでも分け隔てなく、均等に接してくれるシンガポーリアンのサービスは
日本は学ぶ事が多いのではないでしょうか。

シンガポールのレストランでは「こんな事を聞いたら恥ずかしいかな?」と
思った事がありません。何でも聞けます。
「私はこのレストランは初めてなので、色々教えて下さい。」と冒頭に言うと、
スタッフはにっこり笑って、丁寧に教えてくれますヨ。

次回はローカルフード、庶民の味をご紹介しますね。

2008年10月21日

Go Japan Matsuri Festivalで歌って来ました!!

一昨日の日曜日、Centralで行われた
"Go Japan Matsuri Festival"でライブを行って来ました。
Centralの1Fの特設ステージで、20:00~1時間のライブ。
お客様はほとんどがシンガポーリアンだったので、
MCは英語で進行しました。
Matsuri_1.JPG
日本のお祭りイベントだったので、
「桜」が描かれた浴衣生地のアオザイの衣装を着ました。
日本の方からも現地の方からも、評判が良かったです。

▼ライブの様子です。
Matsuri_2.JPG

Matsuri_3.JPG
今回はピアノの弾き語りで、
あちらこちらを見ながら歌うのは難しかったのですが、
マレー語の曲を歌う時は、マレー人のお客様の顔を見たり、
中国語の曲を歌う時は、中国系の方を見たり...。
すると皆さんも口を合わせて一緒に歌ってくれてたのがわかって、
とても嬉しかったです。

▼セットリストです。
1.Singapura,Sunny Island
2.Lah Lah Lah Singapura
3.花心
4.蘭の女
5.ありがとう
6.Lagenda
7.Makan Paradise, Singapore
8.Asia Major
9 心の声
10. Sayonara

▼ライブ終了後、サインと写真責めに合いました。
Matsuri_4.JPG
感想を聞いたら、私のマレー語、中国語、
なかなかわかりやすかったみたいですよ。
マレーシアの大スターSheila Majidの曲を歌ったら、
泣いている方も居ました。
4カ国語で歌った事も良かったのかもしれませんが、
私の音楽は、シンガポーリアンにも受け入れて頂けたみたいです。

こちらでのCDの販売もスタートしたし、今回のライブを足掛かりに、
またシンガポールでの活動が広がったら嬉しいな♪♪

CDは紀伊国屋(Ngee Ann City、Lian Court)の両書店で、販売中です。
在星日本人の方々、CD買って下さ~い。
よろしくお願いします!!

2008年10月18日

Medias...

19日のイベントへのゲスト出演にあたって、
色々なメディアのインタビューを受けました。
月曜はラジオ局。938Liveの「The Living Room」という番組に生出演しました。
シンガポールのラジオ局は、全局Media Corpという
国営の放送局傘下にあり、全て同じ所にあります。TV局もそう。
私はシンガポールの広告代理店で働いていた経験があるので、
説明をし出すと長くなってしまうのですが、
まあそういうものと、ご理解下さい。

Media Corpに行くのは久しぶり。国営なので、パスポート持参で行きます。
放送局はテロの心配もあるしね。
938Liveはコーポレートカラーが緑で、私の番組があった
Inter FMを思い出しました。
▼広くて快適なスタジオ。DJのStanley Leongさんと。
938_1.JPG 938_2.JPG
Stanleyさん、こちらでは有名な方で、
まあそのお仕事ぶり、ただ者じゃないって感じでした。
「凄いですね~」と驚いていると、
「あなただってDJやってたんでしょー? これ位大丈夫でしょ。」
いやいや、切り替えしや話の繋げ方、間合い、素晴らしかったです。
自分もやっていただけによくわかります。
でも、ヘッドフォンすると、不思議に緊張しないでペラペラと。
「Rojak Rojak」さながら、四カ国語で挨拶したら、笑っておられました。
番組サイトの10月13日のスケジュールで、ちらっと私の事が
紹介されているので、ご覧下さいな。
▼気に入っちゃったのは、938ブランドのお水。可愛くないですか?
938_4.JPG 938_5.JPG
お水も美味しいし、サイズも200ml、丁度いいし。
冷蔵庫にストックされていて、自由に飲んでいいの。
冷蔵庫を撮っていたら、「あなた何写してるの?」と
局の人達に笑われました...(笑)

▼後は何本か新聞やフリーペーパー、ネットの取材を受けました。
medias.JPG
見出しのタイトルも様々。"Japanese Girl, Singaporean Mind"とか
"Japanese Rojak"とか"Sachiyo's Singapore Connection"とか...。
ネットメディアのAsia Oneは、こちらに記事が掲載されているので、ご覧下さい。

今回、英語で自分のスタイルやポリシーをまとめて
お話する事が出来たのは、非常にいい機会でした。
同じ自分の事を話すでも、英語で言うのと日本語で言うのは
訳が違うのです。なんて言ったらいいのかな...?
日本語の場合は非常に謙虚な姿勢で、
少し引いた感じで説明しますが、
英語の場合は、前に前に、積極的な見地で話をします。

質問も大体似かよるものですが、各誌、多種多様で
色々な質問をされて面白かったです。
例えば、"What are your turn ons/turn offs?"
口語的な表現ですが、turn on/offはスイッチが入る、入らない。
つまり、日本語でも言いますね。
「あなたがスイッチが入るものは何ですか?
あるいはスイッチが切れてしまうようなこと(嫌なこと)は何ですか?」

「スイッチが入るのは、ステージに立って拍手を頂いた時とか、
人々の優しさに触れた時とか...ああ、パープルは好きな色なので、
スイッチ入ります。シンガポールの国花、蘭は紫色で、そこら中に
咲いているので、シンガポールに来るとスイッチ入りますよ!!」
と、答えました。
逆にturn off してしまうのは、
「カテゴライズされるのがきらいです。どういうタイプとか、
どういうジャンルの歌手とか。私は私。sachiyoです。」
と、答えました。
日本語で書くと、やっぱりちょっと強い感じですね。
でも、記者の方は、普通に頷いておられました。

今回、シンガポーリアンの記者の方達に一番聞かれたのは、
シンガポールでの今後の展望、活動方針についてです。
具体的に決めているわけでは無いのですが、
お話したことによって、今度はこういう作品を作った方が
いいかもなとか、楽曲作りにおいて、色々アイディアが沸きました。

まずは19日。
Centalで行われる「Go Japan Matsuri Festival」では、
どういうライブにしようか...。
実は、シンガポール入りする前と後では、
イメージが変わって来ているのです。
Singaporeanよりなのか、Japaneseよりなのか。
日本の文化を見せるイベント。でもここはシンガポール...。
いや、どっちよりという事ではないんだろうな、きっと。
私は私。"sachiyo"の歌を歌えば良いのだろうと思います。

と言う訳で、日本在住の皆さん、日本より応援して下さい。
そして、シンガポール在住の日本人の皆様、ぜひ遊びにいらして下さいネ!!

2008年10月14日

ラッフルズホテルで歌って来ました!!

一昨日の日曜日、星日文化協会主催のカラオケコンテストにゲスト出演して来ました。
当日は、午後からヘアメイクで入り...
Central の"Go Japan Matsuri Festival"にヘアショーで参加されている
Jeric Salonにヘアメイクをして頂きました。
▼オーナーのJericさんと。
12_Oct_1.JPG
シンガポーリアンのスタイリストさんにヘアメイクをして頂くのは、愛知万博ぶりです。
その時もそうだったんだけど、どうしてもちょっと頭のてっぺんを盛られるんだよなあ(笑)
技術は確かなものでした。ベースメイクをかなりしっかり作られますね。
頭と顔を作った所で、ラッフルズ入り。
▼Jubilee Hall に入る所と、ステージから写したホールです。
12_Oct_2.JPG 12_Oct_3.JPG
コンテストは2時間で、15組が参加されました。
シンガポーリアンによる日本語のカラオケコンテストなのですが、
演歌から宇多田ヒカルさんの最新曲まで、皆さん日本語の曲をよくご存知ですね。
私はゲストコーナーで3曲+アンコールで1曲。
▼sachiyoライブです。日本の風景のバックに衣装が合ってるでしょ。
12_Oct_4.JPG
MCは全編英語で、時折マレー語や中国語を混ぜたら、まあー受けましたよ。
紀伊国屋書店さん(シンガポール店)でのCD販売が決まったので、
「明日から紀伊国屋に行って下さ~い。19日はCentralに全員集合!!」と
Singlishで言ったら、拍手喝采でした。
▼出場者の皆さん全員と記念撮影。
12_Oct_5.JPG
私の隣におられる男性は、スペシャルゲストの山中大使です。
優しくて、素敵な方でした。

終了すると、色々な人に写真を求められました。
皆さん、「絶対、CD買いに行くからね!!」と口々に言って下さって、嬉しかった~。
▼舞踊で出られた星日協会の皆さんや一般のお客様と。
12_Oct_6.JPG 12_Oct_7.JPG
▼最後はお約束の"Singapore Sling"で乾杯。
12_Oct_8.JPG
父の毛むくじゃらの手と一緒で、ごめんなさい(笑)

とにかく、無事にお役目が果たせて良かったです。
一仕事終わり、次は19日ですね。
連日、現地のメディアの取材のインタビューで、対応に追われてます。
嬉しいのですが、ピアノの練習したいよ~。
でも、とてもありがたい事なので、がんばります!!
また、レポートしますネ!!

2008年10月11日

Singapore上陸です!!

昨夜、無事に着きました。
初のA380は大変乗り心地がよく、快適でした!!
▼これに乗りました。
A380_1.JPG
サービスもお食事も素晴らしかったです。
SQの醍醐味は、充実した機内プログラム。
チャイニーズ、ヒンズー、タミールのアルバムをたくさん聴いて、
映画は"Sex in the City"を見て、見逃した回の"24"まで見れて嬉しかった(笑)
設備も細部にまで気を使っていて、トイレも最新式、タッチセンサーでお水が出て、
歯ブラシもバティック柄で可愛くて、カバーも付いてて気が利いてました。
A380_2.JPG A380_3.JPG
到着早々、息を付く暇も無く打ち合わせで、帰宅したら23:00。
ここの所、ちょっと睡眠不足だったので、バタンキューでした。

今日は19日のライブの会場である、Centralに下見に行って来ました。
この週末も連日「Japan Matsuri Festival」が開催されてます。
私が行った時は、「コスプレコンテスト」が行われていました。
▼シンガポーリアンのコンテスタント達。
C_Contest.JPG
シンガポールにもアニメ文化が根付いてますね~。おもしろかったです。

Centralのあちらこちらにイベント告知のタペストリーや看板がありました。
▼私も載ってたよ♪♪
Tapestry_1.JPG Tapestry_2.JPG
シンガポールに住んでいる日本人の友人がみんな好きで通っているという
日本のとんこつラーメン屋さん「まるたまラーメン」にも行きました。
▼濃くがあってさっぱり。美味でした。
Marutama.JPG
テーブルに、ゴマとガーリックチップスが常備されているの。これもストライク!!

ストライクと言えば、夜は自宅でNHKの「上海タイフーン」を見て、
出演されているピーター・ホーさんは、私のタイプ、ストライクです(笑)
やっぱりアジアンスパイスが効いている東洋系の顔立ちは素敵ですね~。
今回の放送からROUROUさんの衣装が全面的に起用されているので、
何だか胸が一杯になって、思わずデザイナーのマキちゃんに連絡してしまいました。
今回、「日本のお祭」のイベントへのゲスト出演なので、着物生地の桜柄のアオザイを
用意したのですが、劇中起用されていた「梅柄のチャイナドレス」も趣旨にあってて、
こちらも可愛くて良かったなあ~と思いながら、見ていました...。
ドラマの中で映る「スタイル画」も彼女が描いているそうです。
見逃した方、来週10月18日(土)、21:00~の放送が最終回ですので、
ぜひご覧になって下さいネ!!

さあ、明日はラッフルズで歌いますヨ~。Good night!!

2008年10月09日

いよいよ!!

シンガポールです!!
もう100回は往復してると思うので、荷造りは手慣れたものですが、
今回は「歌う」という目的があるので、大変な大荷物になってしまいました。
譜面やら衣装やら靴やら「もし〜になった場合の〜」が増えてしまって、
まあ〜凄い荷物。忘れ物が許されないので、怖い、怖い。
でも、シンガポールで歌うのは久しぶりなので、
譜面を揃えながら、何となくワクワクしました。
初のSQ、A380だし。ワーイ♪♪♪

さてさて、そんな中、昨日はシンガーソングライターの新妻由佳子ちゃんと
またもやAgに行って参りました。
▼昨日も美味しいデザートの盛り合わせ。
10_8_dessert.jpg
マンダラで2回ご一緒して、すっかり仲良くなってしまいました。
同業者同士というのは、なかなかお友達になりにくいものです。
パートが違えば、良いのだけどね。
お互いの仕事の状況や、精神状態、タイミングも色々あるので難しいです。
過去に距離感を間違えて、疎遠になってしまった人もいます。
たまに「どうしてるかな...?」と思う時があります。
元気でいるとよいなあ...。

由佳子ちゃんは、同じ東南アジア圏の帰国子女で、会社員から歌手へ、
Jazzからオリジナルへと、背景があまりにも似ているので、
一緒に居て、非常に居心地がよいです。
彼女なら、そして今の自分なら、ナチュラルによい関係が築けそうだなと思いました。
帰り際に「sachiyoさんと話していたら、ピアノ弾きたくなった!!」と言って、
予定を変更して自宅に帰っていったのが印象的でした。
私も物凄く、やる気が出ました。
ミュージシャン同士はこうでなくっちゃ!!

ってな訳で、明日よりシンガポールです。
来星に際して、様々なメディアが取り上げて下さっているそうです。
ラジオで私の楽曲を聴いたと、シンガポールからたくさん声が寄せられました。
Thanks、謝謝、Terima Kasih、そしてありがとう。
I'm coming soooooonです。ご期待に添えるよう、がんばります!!

2008年10月05日

lunch充実...の日々。

この1週間、ランチを誰かと外食する事が多かった。
久しぶりの友人やら、仕事の打ち合わせやら、いとこにも会った。
その内、3回は弟のお店。感謝して貰わないと。
AURUMAgも、味が安定していてとても美味しい。

▼ある日食べた、茨城産「美味しい鶏」のグリル。
oishii_tori.jpg
「美味しい鶏」という名前だけあって本当に美味しかった。
思わず自分に置き換えて、「歌のうまいsachiyo」と
言っている様なものだなあと思った...自分ではとても言えない(笑)

▼別の日に食べた、魚介と新鮮野菜の紙包み焼き。
kamizutsumi.jpg
この透明な紙はイタリアから取り寄せた物で、700度の超高温にも絶えられるらしい。
紙を開けると、新鮮な魚介類の香り。ドライトマトの濃い風味が増して美味。
百合根や青梗菜が入っているのが、東西融合でおもしろい。
スープまで残らず平らげました。

▼そのまた別の日に食べた、デザートの盛り合わせ。
dessert.jpg
フォンダンショコラやアールグレイのプリンやフィナンシェなどなど。
ちょっとずつ色々なもの...は、女子は嬉しいね。
シェフ、がんばってくれました。

美味しいご飯と一緒に、実りあるお話が色々出来ました。
夜はさっぱり自炊と、死ぬ程弾き語りの練習して、なんとか体重維持。
お昼多め、夜は少なめ。良いかもな。続けてみよ。