« 2008年08月 | メイン | 2008年10月 »

2008年09月30日

Singapore GP

title.JPG
週末のシンガポールで行われたF1グランプリ、皆さんご覧になりましたか?
シンガポール初のF1、しかも公道、そして史上初のナイトレースと、
いやあ、盛り上がりましたねえ。
数年前から噂されていただけに、いよいよかと放送のあった予選二日目とファイナル、
私はTVの前で正座して...というのは嘘ですが、かじりついて観ましたヨ(笑)
いつも自分達が車で走っている見慣れた道が、美しい光のサーキットとなって、
時速300kmのF1カーが走り抜ける様子は興奮しました。
▼こうして見ると、Esplanadeが昆虫に見える...。
light_up.JPG

私も、もしかしたら本国で観れたかもしれないのですが、仕事が来月に延び...残念。
うちは弟が日本から観に行きました。
▼Singtelの看板の前にマッチ...不思議な感じがしました。
Match.JPG
道は狭く、コーナーは多いし、波乱の多いレースでしたが、
大事故も起こらず、無事に終わってよかったと、
やっぱり関係者のような気持ちになってしまいます。

F1は、10年前位まではよく観ていたのですが、
(テーマソングが、T-SQUAREの"Truth"の時代ですね)
久しぶりに観ると、中島Jr.やピケJr.など、もう二世達が活躍していて、
時の流れを感じました。
私的には「マクラーレン」を尻上がり↗で発音するのが、一番年月を感じたかな(笑)

2012年までに、一度は本国で観たいですね。
しかし、カジノが開設されたら、凄い事になりそうだなあ...。

2008年09月27日

萩、津和野の旅。

先週の連休、山口に旅行に行って来ました。
私の父を中心に、シンガポール在住経験のある人達で結成した
「仲賛会」というグループがあるのですが、
年に2回、春分の日、秋分の日まわりの連休を旅行するのです。
仲賛会の旅行は今年で13年目。今まで国内各地、様々な所に行きました。
10年目の時は、シンガポールでやったほど。
毎回20名位の大所帯で、遊びに行きます。

私も国内は、結構あっちこっち行っていますが、山口は今回初めて。
初日は、秋吉台、秋芳洞をまず観に行きました。
▼自然の神秘と壮観な景色に圧倒されました。
Shonyudo_1.JPG Akiyoshidai.JPG
▼そして法隆寺、醍醐寺と共に、日本三名塔の一つ、瑠璃光寺の五十塔。
Gojyunotou.JPG
総檜作り、国宝の五十塔は圧巻。
山口入りした初日から、かなり飛ばした観光となりました。
泊まったホテルの前は、一面の海。
▼水が透き通るようにきれいで、夕焼けが美しかった!!
Sea_4.JPG Sea.JPG

2日目は、長門市から程近い、青海島をクルージング。
▼日本海の荒波が削った断崖絶壁。水が碧い!!
Sea_3.JPG Sea_2.JPG
長門市と言えば、仙崎。
仙崎で生まれ育った詩人に金子みすゞさんがいらっしゃいます。
書店を営んでいた、みすゞさんのご実家に建てられた記念館を訪ねるのは、
今回の旅の楽しみの一つでした。
▼金子みすゞ記念館
Misuzu_1.JPG
「みんなちがって、みんないい」で知られる「私と小鳥と鈴と」は、
あまりにも有名ですが、最初にこの詩を読んだ時、涙が溢れました。
人種も宗教も多種多様な多民族国家シンガポールの国の精神に通じるものがあって、
とかく人と比べがちな日本社会に馴染めなかった私には、非常に開放感を覚える言葉でした。
大正から昭和初期にかけてのあの時代の日本で、
こういった考え方が出来たのは、本当に素晴らしいことです。

記念館で興味深かったのは、この詩が世界各国の言語に翻訳されていて、
言葉の広がりに触れることが出来ました。
多言語に興味がある私は、館内の係の方に色々と質問をすると、
ご親切に、各国の訳詩をコピーして下さいました。

日:みんなちがって、みんないい
中:我门不一样、我门都很棒。
英:All different, all just right.

他にもポーランド語、韓国語、ネパール語、フランス語、ヒンドゥー語など
様々な言語に訳されています。
スタッフの方曰く、強制的に訳して貰った訳ではなく、
各国の方々が自主的に訳したいと申し出て、訳されたとのこと。
「世界中の人々が、みんなこういった考え方が出来たら、戦争なんて起きないのにね。」と、
色々お話しました。
▼お土産に「枕草子」を英訳した、Dutcher氏の英訳本を購入しました。
Misuzu_2.JPG

3日目は津和野まで。
森鴎外記念館、葛飾北斎美術館、安野光雅美術館、桑原史成写真美術館と、
郷土料理を食べながら、城下町に点在する美術館を観て回りました。
山口県は、多くの著名人を輩出していて、勉強家が多い。
作品から一番感じ取ったものは「集中力」でした。

▼1日1往復しか走らない、SLにも遭遇。
SL_1.JPG
私は胃腸が弱いので、森鴎外が重宝していた漢方薬「一等丸」も購入。
「一等丸」を扱う「伊藤薬局」は、何と1798年創業という老舗。
▼伊藤薬局の外観と中身。
Ito_1.JPG Ittogan.JPG
あまり時間がなかったので、駆け足で観ましたが、
白壁が連なる小京都のような津和野、次回は自転車借りて色々観て回りたいな。

最終日は、萩市をじっくりと。
木戸孝允の生家や、萩博物館、松蔭神社などなど。
明治維新に尽力した偉人達が生活していた場所は、厳かで冷んやりとしていて、
「信念」が染み付いているようでした。

お土産は萩の特産品でもある夏みかん製品を色々と。
▼夏みかん味の明太子と、夏みかんのスライスが丸ごと入っているシロップ漬け。
omiyage.JPG
▼夏みかんにちなんで、萩はガードレールも黄色いです。
Guard_rail.JPG
▼強度の強い萩ガラス製品と、萩焼きのミルクピッチャーも購入。
omiyage_2.JPG
ざっと観るつもりが、結構あっちこっち行きました。
夜は連日宴会で、日本海のお魚は身がしまっていて、
とても美味しかったので、かなり食べ過ぎました。
少し太ったな。運動して落とさないと。

今度は下関や門司港の方まで、足を伸ばしたいです。
長文の旅行記になっちゃいました。
最後まで読んで下さって、ありがとう。

2008年09月19日

Singaporeな日。

今日から〜21日まで、東京ビッグサイトで世界旅行博が開催されています。
今日はプレスと旅行関係者のみの入場ですが、関係者で入れて頂きました。
世界中の政府観光局やエアライン、旅行団体などが結集して、まるでミニ万博。
毎年、楽しみにしています。
▼まずはお馴染みシンガポール政府観光局とシンガポール航空のブースにご挨拶。
STB.JPG SQ.JPG
シンガポール政府観光局(STB)さんは、来週からいよいよ開催されるF1と
世界一の観覧車シンガポール・フライヤーをメインに、色々なご案内をされてました。
今年の目玉は360平方メートルに及ぶ世界最大のジャッキー・チェンの似顔絵を描き、
ギネスブックにも認定されているシンガポーリアン、Peter君の似顔絵コーナー。
まだお客様が入る前で、モデル第一号で描いて頂きました。
▼似てるかな?
Peter.JPG
何と1分半で描き上げたPeter君。人懐っこくて可愛い人でした。
「CDが欲しい!!」「来月シンガポールで歌うよ。」「まじ〜?行く行く。」
みたいな会話をして、再会を約束しました。
▼続いてSTBさんのマスコット「ドリたん」とも記念撮影第一号。
Doritan.JPG
このドリたん君。1人では起き上がれなくて、みんなでせ〜ので起こします。
その様子を見て、Peter君が大爆笑してました。

SQさんは、もちろんA380の展示と試乗がメイン。
両親は既に何度も乗っていますが、弟は来週のF1観戦でシンガポールに行く際に、
私もようやく来月乗ります。
一生に一度は「Suite」に乗ってみたいものですねえ...。

▼他にも興味深かったのは、お隣マレーシアの民族楽器の演奏やバリ舞踊。
malaysia.JPG Bali.JPG
▼Chinaのブースのこの女性シンガー。もの凄く高い声でびっくり!!
China.JPG
一聴の価値ありですヨ。
他にも世界中の様々な国のブースが楽しめます。
室内なので、台風もなんのその。
楽しいですヨ!! 皆さん、ぜひお出かけ下さい。

夜は夜で、今日9月19日は弟Kenの誕生日なので、
弟のレストランAURUMでインターナショナル懐石を堪能しました。
代表の誕生日とあってか、シェフも気合いが入ったようで...。
これまで私が行った中で、最高の味でした!!

私は4才からシンガポールですが、弟はシンガポールで生まれました。
生まれた日の事はよく覚えていて、最初の対面で私が言った一言は、
「わー。鼻と耳ばっかりだ!!」
それまでずっと1人っ子で、両親を独占していたので、
きっと焼きもち焼いて、そんな事を言ったんだろうなあ...。
でも、弟の鼻と耳は、やっぱり未だにでかいです(笑)

家族4人で弟の誕生日を祝ったのは、何年振りでしょうか。
離れて暮らしているので、なかなかないこと。
▼両親が嬉しそうでした。
Ken_1.JPG
AURUMでは、弟の誕生日イベントを明日土曜の夜からやっています。
Kenを知っている方も、知らない方も歓迎です。
お時間があれば、ぜひお祝いに行ってあげて下さい。

2008年09月16日

Happy Birthday Grandma!!

「敬老の日」を含めた三連休。
皆さんはどのようにお過ごしになられましたか?
私は母方の祖母が88才になり、親戚一同集まって米寿のお祝いをしました。
母方の親戚が集まるのは本当に久しぶり。
豪華なランチに温泉にカラオケ付きの施設で、大勢で楽しみました。

孫の中では最年長の私。
母は長女で妹弟も多く、いとこ同士かなり年の差があり、
一番下のいとこはなんとまだ3才。
3才の男の子に「さっちゃ〜ん」と呼ばれるのは、ちょっと恥ずかしい。
しかし、対等(!?)と思われてるんだかなんだか、みんな普通にまとわり付いて来て、
「さっちゃ〜ん♥」と可愛い声で呼んでくれるので嬉しい。

カラオケタイムになると、音楽をやってるせいか、
音響の調整と、曲の転送はもっぱら私の仕事になり、
小さいひ孫もいるので「はい、じゃあ次はトトロの「さんぽ」にしましょー」だの、
「次は「踊るポンポコリン」でいいかなー?あ〜マイク取り合わないの〜!!
みんな仲良くね〜。」と、すっかり保母さん状態。
でも、楽しい、楽しい♪♪
主役のおばあちゃんも目を細めて、嬉しそう。
▼カラオケ炸裂。ひ孫たち。
Himagos.JPG
私も何か1曲と、戦争中、中国に居たおばあちゃんに
「蘇州夜曲」を日本語と中国語でプレゼントした。
皆さんほめて下さったけど、当のおばあちゃんは、
ひ孫達にもみくちゃにされて聴いてない!!(笑)

でも、家族がどんどん増えるって、賑やかで嬉しいことだ。
祖父は両方とも私が小さい頃に亡くなり、
昨年末には父方の祖母も亡くなってしまった。
最後のおばあちゃん、うんと長生きして欲しい。
また時間を見つけて、会いに来るからね。
おばあちゃん、お誕生日おめでとう!!
Mitsu_1.JPG

2008年09月12日

Terima Kasih!!

昨日の公園通りクラシックスのライブにお越し頂いたお客様、
本当にありがとうございました!!
拍手で迎え入れて下さって、とっても嬉しかったです。
今日は、昨日とは「打って変わって」よいお天気で...。
(昨日のお客様にはおわかり頂けますよね?・笑)

終わってみると、1人万国博覧会みたいな内容で...。
今回はこういう風にしようと色々決め込んだ訳ではないのですが、
結果ああなりました。皆さん、お楽しみ頂けたでしょうか?

昨日のメンバーでの演奏はこれで三度目になります。
バンドとしての一体感が出てきて、私はとても嬉しい。
高島さんの美しいピアノとアレンジ、大坪さんのさりげなさと機転、
岡部さんの懐の深さ、そこにふっと乗っからせて頂くのが、
私にはこの上ない喜びなのです。

ライブの裏ネタを話すと、岡部さんは「鳳凰」柄のTシャツを着て来てくれて、
実は何気に気を使ってくれていて...「鳳凰」は歌わなかったけどネ。
岡部さんは、狭い楽屋でタイガーバームを塗りまくるので、
匂いが充満して、みんなで笑ってました。
私はシンガポールっ子なので、タイガーバームの匂いは
テンション上がりますけどね。

ライブ後、全員で大笑いしたのが、アンコールの「matahari」。
テンポが超高速回転になってしまって、全員「マジかよー、死ぬー」という感じで
汗だくで演奏してました。私も「口が回らない~助けて~」です。
おまけに私はタイトル紹介の時に、「マタハリ」を「マハタリ」と言ってしまって、
笑いをこらえながら、歌に入りました。
ばればれで、後でお客様に突っ込まれましたが...すみません。

アンケートで、衣装についてもお問い合わせがありましたので、
お話するとすると...。
1st setの衣装は、2年前のシンガポール・フェスティバルの際に、
お馴染みROUROUさんがシンガポールのサリー生地を使って、
作って下さったものです。
2nd setの衣装は、インドの民族衣装を現代的にアレンジしたブランド
Mumbai Seのものです。
気分的に、なぜかどちらもインドを意識した衣装になりました。

歌そのものについては、自分的にはまだまだ反省ばかりしてしまうのですが、
でも手応えを感じるライブでした。
皆さんの温かい応援が、ひしひしと伝わりましたヨ。
本当にありがとうございました。

最後に、この場を借りて、今一度ご承知頂きたい事があります。
私達ミュージシャンは、一音も聞き逃さずに、
非常に繊細な音のトーンを大事にして演奏しておりますので、
大きな声でのお喋りは、演奏の妨げになる事があります。
また、フラッシュ撮影は、譜面が真っ白に飛んでしまって
見えなくなってしまいますので、その点をどうぞご理解下さい。
他のお客様のご迷惑にもなりますので、よろしくお願いします。

次回のバンドでのライブは、12月5日(金)を予定しております。
バンドでのクリスマス時期のオリジナルライブは、初めてかもしれません。
次回も趣向を凝らして、がんばりたいと思いますので、
皆さま、またぜひ遊びにいらして下さいネ。
本当にありがとうございました。

▼昨日のセットリストです。
1st
1.阿里山之歌
2.Moon Dance
3.つぐない
4.Sing Sing So
5.infant eyes
6.太陽のあたる場所へ
7.波~semua habis~

2nd
1.天城越え
2.ありがとう
3.Angelfish
4.Ondru Koodi Vaarungal
5.夜来香
6.Asia Major
7.再見
★アンコール:matahari

▼本番直前、リハーサルの模様です。
911photo.JPG

2008年09月10日

明日ライブです!!

いよいよ明日11日は、ライブです。
事務所の方でのご予約の受付は全て締め切りました。
当日券もありますので、ご都合が付いた方はぜひ。

それにしても、今回ほど、多種多様な内容のライブは無いかもしれません。
私は一体、何人なのか...どこに向かっているのかという感じです(笑)
昨日、全体でのリハーサルを行いましたが、メンバーにも笑われました。

作詞の方は、お陰様で最後の4文字◯◯◯◯も決まり、完成しましたヨ。
今回、ピアノの高島さんの曲に詞を付けさせて頂きました。
ご本人の一発OKを頂き...本当に美しい曲です。
色々なものをそぎ落とした、シンプルな歌が出来上がりました。

既存のオリジナル曲も全て新しいアレンジで、劇的に変わっております。
シンガポールの4つの公用語の中では、今まで一度も手をつけなかった
タミル語(インド)の楽曲にも挑戦します。
あと、私の弾き語り...どうぞ笑わないで下さいませ。
そして何より、ミュージシャンの演奏、本当にすばらしいです。

さあ、予告はこの位にして。
ライブの詳細はこちらをどうぞ。
明日、公園通りクラシックスにて、お待ちしております!!

2008年09月06日

dancer:sae

昨日は、いとこのsaeちゃんのliveを観に行って来ました。
saeちゃんはコンテンポラリーダンサーで振付師。
彼女の基礎はバレエですが、多種多様なジャンルのダンスをこなし、
形にとらわれない、創造性豊かなダンサーです。

父方のいとこ達は、役者、ポエトリー・リーダー、ギタリスト、ダンサー等、
私を含め、芸能関係の仕事をしている子が多く、集まると誰からともなく
自己表現を始めて、最後はお祭り騒ぎになる事が多いです。
昨年末に祖母が亡くなり、全員集まった時、その事に改めて気付かされました。
お葬式の席で久しぶりに会ったsaeちゃんは、随分きれいになっていて、
芸の道に段階があるとしたら、ある段階を乗り越えた雰囲気をまとってました。
saeちゃんのダンス、観たいなあ...。

そして...ライブのご案内を頂き、会場のある三軒茶屋へと出かけて参りました。
ライブは2部構成。
1st setは、尺八と歌のアコースティックな空間を、
ベリーダンサーのNourahさんとsaeちゃんが和の世界を作り上げていきます。
2nd setは、Computer+SaxとFlute、エレクトリックな 色調に、
コンテポラリーなダンス。
ミックスカルチャーな感じが、私好みで心地よい。
スタンディングで観ていたのですが、思わずリズムを取ってしまいます。

saeちゃんの踊りには意志がしっかりあって、柔軟な体は本当に美しい。
彼女のダンスを観たのは4年振りでしたが、増々表現力を増したようです。
まだ赤ちゃんの頃、抱っこして高い高いするとよく笑ってたなあ〜、
こんなに大きくなって...と、すっかり親戚のおばちゃんのような心境です(笑)

ある考えがあって、今回ダンスを観に行ったのですが、増々、創作意欲が湧きました。
形になるとよいなあ...。
sae_1.JPG

2008年09月04日

Singapore National Day Reception

今夜はシンガポール大使館主催のNational Day Receptionにご招待頂いて、
帝国ホテルに行って参りました。
シンガポールの独立記念日は8月9日ですが、
8月は夏休み時期のせいか、日本では毎年9月に祝賀会が行われます。

去年はチャイナっぽい雰囲気の洋服を着て行きましたが、
今年はサロンケバヤを着て、いそいそと出かけて参りました。
シンガポール関連のイベントは帝国ホテルで行われる事が多くて、
ホテル内はすっかり詳しくなってしまいました。

帝国ホテルでパーティーが行われる時の私の裏技なのですが、
2Fの化粧室に、10人位使用出来る畳の着替え室があるのです。
1人1人、ちゃんとカーテンで仕切られていて、姿見も大きくて見やすい。
普段着で行って、2Fの化粧室で着替え、後はクロークに荷物を預ければスムース。
結婚式などが行われる土日は混むのでしょうが、平日はガラガラ。
あまり知られていないせいか、今晩も私1人で、悠々とお着替えしました。

ボールルームの入り口では、大使夫妻と公使夫妻がお客様1人1人にご挨拶を。
"Hello!! sachiyo-san, how's your singing?"と、いつも気さくに声を掛けて下さいます。
▼会場に入ると、凄い人!! 壁には日本とシンガポールの国旗が掲げられています。
sachiyo.JPG
今年の"Singapore Sling"は、ちゃんとラッフルズホテルのグラスに入ってました。
味も本場そのものです。
▼ラッフルズのLong Barはいつも設置されています。
Long_Bar.JPG

国の独立記念日の祝賀会なので、シンガポール関係者のみならず、
政界財界から色々なお客様がいらっしゃってます。
「そう言えば、今年は野村沙千代さんがいらっしゃってませんね〜?」と、
色々な人に言われ、だから名前が同じだからって私は知りませんって、
私は聞かれる度に答えてました...ははは。

政界は今荒れているせいか、関係者はさ〜といらっしゃって、
さ〜と去っていかれる方が多かったです。
渦中の小池百合子さんもいらっしゃってましたが、
10分位でダダダっと帰って行かれました。大変そう。

シンガポール関係者が一同に介するこのレセプションはとても楽しい。
しょっちゅうお会いする方、久しぶりの方、初めてお会いする方、
ず〜っと喋りっぱなしなので、私はいつもほとんどお食事に手をつけずで...。
でも、チキンライスだけは、必ず食べます!!
▼毎年必ず、ハイナンチーファンさんが出店されてます。
04Sep08.JPG

今月は、F1の開催月なので、皆さんそのお話ばかり。
政府観光局さんとも色々お話しましたが、対応に追われてるそうです。
そう言えば、私のシンガポールのカラオケコンテストへのゲスト出演が、
F1のファイナルとぶつかるというお話をしておりましたが、
10月に延期になりました。
開催日はずれるとは思ってましたが、9月の別の日になったらF1も見れるし、
よいなあなんて勝手に期待していたのですが、世の中なかなか上手く
いかないもんですねぇ...。
ただ10月は、シンガポールで別のイベントにも出演する事になったので、
それはそれで楽しそう。
詳細は、また後日サイトの方で発表します。

2時間のレセプションは喋り倒して、あっと言う間に終了です。
▼最後にお馴染みの皆さんとパチリ。
S'pore_Inc.JPG
左からSwissotelのメアリーさん、Ascottのエルシーさん、
シンガポール政府観光局の菊池さんです。
去年もこのメンバーで一緒に帰った気がするなあ...。
いつも熱くてエネルギッシュな大人の皆さまです。

何はともあれシンガポール、43回目のお誕生日おめでとう!!