« いよいよ、明日です。 | メイン | 飽食の日々。 »

Terima Kasih!!

8日のマンダラライブにお越し頂いたお客様、本当にありがとうございました。
GW明けのお忙しい時期に来て頂いて、心よりお礼申し上げます。
終始、とても温かい雰囲気の中で、リラックスして歌う事が出来ました。

新メンバーでの演奏、いかがでしたか?
同じ楽曲も、また違う世界観を感じて頂けたのではないかと思います。
アレンジも変えていますが、和音一つで、こうも違うかと思います。
驚くべきはパーカションの岡部さん、あの人はほんとにカメレオンだわ。
演奏相手によって、アプローチが変幻自在です。

ライブのアンケートもたくさん書いて頂いてありがとうございました。
感じた事が色々ありました。

今回「帰国子女blues」に人気が集中していた事が意外だったこと(笑)

「償還」(つぐない)が、思った以上にご好評頂いたこと。

私の歌が少し変わったのかな?と、思ったこと。

そして何より、「シンガポール・フェスティバル」の私の決意を
支持して下さった事、感謝します。
また改めてサイトで発表しますが、苦渋の決断だったので、
受け入れて頂けるかどうか、本当に心配していました。

生きていくという事は、何かを「選択」していくことの連続だと思います。
ライブにおいても、楽曲、ミュージシャン、演奏方法、全てが選択です。
人には色々な考え方や好みがあると思うので、たくさんの選択肢があります。
全ての人の要望にお応えする事は不可能で、同じ物事でも、
人によって喜んで貰えたり、がっかりされる事もあるかもしれません。
皆さんの声もお聞きしながら、「今回はこうしよう」と、
自分なりに一生懸命考えて、選択しています。
そして、一度決めたら、迷わずに胸を張ってやること。
それが、大事なのではないかと思います。

また今回、新メンバーと共演して思ったのは、
旧メンバーが教えてくれたことが如何に大きかったかという事です。
ミュージシャンとしての心得、ルール、マナー、
何を言ってよくて、何を言ってはいけないか。
譜面の書き方一つとっても、どこにでも通用する方法を教えてくれました。
その事に深く感謝しています。

いつも思うのは、相手に何かやって欲しい事があって、
それが言いにくい事だったとします。
でも、相手がそれを汲み取ってくれるのを待つのではなく、
「こうして下さい」と、きちんと声に出して伝えること。
わからないのなら「わからないのでもう一度教えて下さい」、
考え中なら「少し考える時間を下さい。」と、はっきり意思表示する。
黙ったままで、相手がどうしたらいいのかわからないという状況を作らないこと。
それが、リーダーの務めなんだろうと思います。
そして、新メンバーはそれに十分に応えてくれる方達です。

演奏終了後に、岡部さんが「ここからゆっくりやっていきましょう」と、
言って下さったのが、とても印象的でした。
長いスタンスで考えて下さっている事が嬉しかった。
Mr.ラーメンなんて言って、ごめんなさい...(笑)

一つの大きなライブがあると、行うまではそこがゴールですが、
終わってみると、それがスタートラインになります。
今度はこうしてみよう、こんな事をやってみよう、
色々なアイディアが湧いてきます。
今後も様々な形でライブを行っていきますので、またぜひ遊びに来て下さいネ。
がんばります!!

最後に、今回のセットリストです。
1st set
1.Asia Major(原曲:Dick Lee)
2.Suriram (マレー伝統曲)
3.Sky (sachiyoオリジナル)
4.償還 (中国語版つぐない・原曲:テレサテン)
5.Moon Dance (sachiyoオリジナル)
6.鳳凰 (sachiyoオリジナル)
7.matahari (sachiyoオリジナル)

2nd set
1.言葉にできない (sachiyo弾き語り・原曲:小田和正)
2.Fields of Gold (sachiyo弾き語り・原曲:Sting)
3.Makan Paradise Singapore (sachiyoオリジナル・percとduo)
4.帰国子女blues (sachiyoオリジナル・bassとduo)
5.蘭の女 (sachiyoオリジナル・pianoとduo)
6.Lagenda (原曲:Sheila Majid)
7.心の声 (sachiyoオリジナル)

アンコール:波〜semua habis〜 (sachiyoオリジナル)
      Tari Tempurung (マレー伝統曲)