« 2007年08月 | メイン | 2007年10月 »

2007年09月24日

Rojak Rojakが終了します。

前回のブログでもお知らせした通り、私がナビゲーターを務めさせて頂いた
ラジオ番組Rojak Rojakが、今月9月一杯で終了します。
昨年の7月からスタートし、最初は1クール(3ヶ月)試しでやってみるかと
始めたラジオ番組も、結局は1年3ヶ月続く事になりました。
初めての試みでしたが、せっかくやらせて頂くのなら、
自分にしか出来ない番組を作りたい。
「シンガポール」の事についてなら、自分の視点で、
自分の言葉で語れるのではないか、そう思い番組作りがスタートしました。

放送した全65本の番組の企画内容は全て自分で考えました。
出演して頂いたゲストは16人。全て自分でキャスティングさせて頂きました。
音楽もシンガポールを含め、アジアで活躍しているアーティストを
中心にお送りし、欧米系のHIP HOPやポップスを多く流す
Inter FMの番組の中では、かなり異色な存在でした。
番組の中でご紹介した「Singlish」も、計65単語。
福建語、北京語、広東語、マレー語などなど、様々な語源のSinglishを、
例題を上げながらご紹介して来ました。
シンガポールのラジオ番組と中継を行ったり、スタジオ生ライブも2回行いました。

今まで何となく知っていた事も、ラジオで紹介するとなると、
きっちりと裏を取って、根拠のある事を話さなくてはなくてはならない為、
その為に東奔西走した事もあったっけ。
でもそのお陰で、更に多くの知識を得る事が出来ました。

面白いなあと思ったのは、ラジオを通して私を知って下さって、
ライブに足を運んで下さる方が増えたこと。
ライブ終了後に、「結構、背の高い人なんですね」とか、
「話している所は知っていたけど、生歌は初めて聞きました」と言われたり、
Singlishで話しかける人が出現する事は、私にとっては何だか不思議な現象でした。

番組は続けようと思えば続けられたのですが、本業にもっと時間をかけたい、
本来の音楽活動に専念したいと思い、番組を終える事を決意しました。

先日、最後の収録を終えました。
最終回は、1年3ヶ月を振り返る総集編の様な形になっているのですが、
ようやくタイム感のようなものがわかって来たのに、話したい事があまりにもあり過ぎて、
制限時間を超えて、話しまくってしまいました!!(笑)
ディレクターの大津山さんと、1ヶ月半前から制作に加わった京免君は、
笑いながら「何とかしましょう!!」と言って下さり、収録が終わった瞬間、
「お疲れさまでした!!」と言って、花束を持ってスタジオに入って来られました。

体育会系で、ぶっきらぼうな彼らがお花を持って現れた時は、
「えー、そんな事して下さる人でしたっけー」なんて失礼な事を言ってしまって(笑)
でも、実は本当は涙が出るほど嬉しかったのです。
1年3ヶ月もの間には、色々な事があって、きつい事、辛い事もたくさんあって、
あまり信用出来ない人が多いこの業界の中で、本当に信頼出来るディレクターさん達でした。

私の意向や気持ちを汲んで下さって、冷静に指示を送ってくれた事、
ブースの向こうで、所々大きく頷きながら話を聴いて下さる様子は、とっても心強かった。
大津山さん、京免くん、本当にありがとうございました。
65本の番組は、私の大きな実績と宝物となりました。
またいつか、ぜひ一緒にお仕事をご一緒させて頂きたいです。

そして、これまで番組を聴いて下さったリスナーの皆さん、本当にありがとう。
番組の都合上、読めない事が多かったのですが、局の方に頂いたメールには、
毎回ちゃんと目を通していました。
毎週、欠かさずメールを下さった方も居て、心から感謝します。

最後の放送は、明日25日(火)22:30〜、Inter FM(76.1)にて。
どうぞお聴きになってみて下さいね。

▼大津山さん(右)と京免くん(左)と。
Rojak3.JPG

2007年09月20日

毎度ばたばたしてます。

またちょっとblogが空いてしまって、すみません。
何だかばたばたやっております...。
先週から今週にかけて、日々の仕事の合間に
ご案内頂いたイベントを色々見て廻ったりしてました。
忙しいと言っても、なるべく足を運んで、
何かを見て感じるという事は大事なのだと思います。

まず行って来たのは、日本とシンガポールとフィリピンの
3劇団が共同企画で作り上げた演劇。
演じられたのは、オペラでもお馴染みの「トスカ」
舞台上は、英語、タガログ語、中国語、日本語が入り乱れ、
非常に不思議な世界が繰り広げられました。
詳細はこちらをどうぞ。

シンガポールの劇団の主役の女性と終演後お話出来る機会があり、
「随分、Rojakな舞台でしたね」と言ったら、笑っておられた。
「どうだったか?」と聞かれたので、
「英語の部分で全く字幕が無かったので、
日本人のお客様にはちょっと難しかったかもしれません。
でも頭で考えるより「感じる」という事が大事だと思う。
私は十分に色々な事を感じましたよ。」と言ったら、
うんうん頷いて下さった。
どこかの誰かが言っていたような言葉だけど、事実そう思った。

次に行ったのが、シンガポール政府観光局、
シンガポール航空さんもブースを出しておられた「旅行博」。
政府観光局さんは、来年完成するアジア最大の観覧車
「シンガポール・フライヤー」や「プラナカンビーズ細工」を
フィーチャーされていた。
「旅行博」は、ミニ万博という感じで、世界各国の旬な情報が
入手出来るので、毎年とても楽しい。
▼シンガポール政府観光局さんのブース
STB_1.JPG STB2.JPG

その「シンガポール・フライヤー」の建設には、
日本の三菱商事さんも関わられておられるのだが、
知人の関係者が「丸ビルにイースター島のモアイ像を持ってきた」と
ご案内して下さったので、興味津々、観に行った。
▼で、生のモアイ像。日本で見れるとは。う〜ん、圧巻。
モアイ像.JPG

そして、昨日はRojak Rojakの最終回の収録を終えました。
1年3ヶ月に渡ってお送りして来たラジオ番組も
ここでちょっとお休みをしようと決意しました。
スタッフにお花を頂いて、ちょっとうるっと来てしまったのですが...
最終回の放送日は、9月25日(火)22:30から。
この件については、また後日お話しますね。

収録を終えると、弟の誕生日だったので、銀座Agに寄った。
基本はイタリアンレストランなのですが、シンガポール生まれの
弟の誕生日にちなんで、シェフがチキンライスを作ったそうな。
前夜祭で用意したので、もうほとんど残っていなかったのですが、
残ったものにまた更に色々な食材をプラスして、
シンガポールとも日本ともイタリアとも、
何だかどこの料理とも言えないような
「オリジナル・チキンライス」を出してくれました。うまい!!▼
チキンライス.JPG

添えてくれたスープは、レモングラスの風味がして、ほのかにアジアの香りが。
お客の気持ちをちゃんと汲んでくれてるなあ。
(チキンライスは普段はありませんので、ご了承下さい。)
Agにはこれまでに7回行っていて、いつもおまかせなのだが、
一度として同じ物を食べた事がない。恐るべし門脇憲(シェフ)。

毎日、打ち合わせ、ピアノの練習、事務処理に追われてますが、
合間にあっちゃこっちゃ行ったりしてます。

2007年09月06日

National Day Reception

最近、シンガポールのイベントに参加させて頂く事が多くなりましたが、
昨日はシンガポール大使館主催の「National Day Reception」に伺って参りました。
このパーティーは、シンガポールの独立記念日の祝賀会のようなもので、
独立記念日は8月9日と夏休み中なので、毎年この時期に開催されるようです。
会場の帝国ホテルは、各国大使館の大使、政界、財界のVIPがたくさんいらしていました。

▼会場には、両国の国旗が...。
Flags.JPG

お食事は、海南チキンライスやラクサ始め、お寿司も天ぷらもあるし、
日星入り乱れてのメニューが並びました。
▼シンガポール料理ブース
Kitchen_booth.JPG

シンガポール料理は、東京ではもう日常的に食べられるようになりましたが、
今回「おおっ!!」と、思ったのはラッフルズの「Long Bar」が設置されていたこと▼
Long_Bar.JPG
何でも、万博の時のバーカウンターを持ってきたとか。
"Singapore Sling"は、本場のものよりちょっと甘めでした。

今回のパーティーでおかしかったこと、2つ。
知り合いのシンガポール関係者、皆さん、私に同じ事をおっしゃるのです。
「sachiyoさん、野村沙知代さんが来てますよ。」
んな事、言われても...。
中には、「お二人並ばれたら? 写真取ってあげるから。Wサッチーって感じで」
なんて、言う方も...。頼みますよ、まったく。
野村夫人は、テレビで見るより、ずっと小柄な方でした。

もう1つ。先日マロニエゲートにオープンした、Raffles Terraceのトップの方が
いらして居たので、思わずこんな事を言ってしまいました。
「お店のホームページを拝見したら、「ピサンゴレン」が「ゴレンピサン」と
書いてありましたよ。間違いでは?」
それを聴いていた周囲の方々、「いや、ゴレンピサンで正しいって。」
「絶対にピサンゴレンでしょ。ナシゴレン、ミーゴレンって言う位なんだから」
意見が真っ二つに分かれました。
「ピサン」はマレー語(インドネシア語も)で「バナナ」、
「ゴレン」は「焼く、揚げる」という意味で、「ピサンゴレン」は
「揚げバナナ」の事なのですが、トークはかなり白熱しましたが、
結局、結論は出ませんでした。
う〜ん、どっちが正しいのか。誰か、知っていたら教えて下さい。
何だか、食べ物ネタが多いブログで、すみません(苦笑)

そうそう、シンガポールと言えば、シンガポール政府観光局さんのサイトに、
シンガポールへのメッセージを書かせて頂きました。
テロップで流れているので、ご覧になってみて下さい↓
シンガポール政府観光局

台風が近づいて来てますね。皆さん、気をつけて!!