« 2007年07月 | メイン | 2007年09月 »

2007年08月31日

アジアン・レストラン・ハンター来訪。

早いもので8月も最終日ですね...。
ようやく涼しくなって来て、私は俄然食欲がわいている
今日この頃でございます。
さて、Coca(タイスキ)、マンゴツリー東京(タイ料理)、オレゴンバー&グリル、
ヤクン・カヤトースト(シンガポール)、インペリアルトレジャー(香港中華)、
ニルヴァーナ・ニューヨーク(インド料理)...などなど、これらのレストランに、
1度は行った事があるという方は、多いのではないでしょうか。
これらは、すべてマルハレストランシステムズさんが
手がけておられるレストランです。

その代表取締役社長である、小島由夫さんが、先日Rojak Rojakに遊びに来て下さいました。
小島さんはいつお会いしても、謙虚で、腰が低くくて、そしてとっても気さくな方!!
ちょっと偉い方というのは、いばってて、わがままな方が多いですが、
本当に偉い方というのは、腰が低くて、周囲によく気を配られる方なんだと、
改めて思います。

いつもおっしゃっているのは、現地本店の味を日本人の味に合わせて
変えてしまうのではなく、「本場の味」を大切にしたいということ。
マルハグループのレストランで私が最初に行ったのは、有楽町にある「Coca」で、
Cocaはシンガポールにもあり、よく行っていたお店だったので、
お店に入るなり、「ソースはどんなものを使っていますか?」と質問した所、
「もちろん現地本店から「Cocaソース」を直送しています!!」と、
ウェイターさんが胸を張って言っておられたのが印象的だったとお話したら、
ニッコリ笑っておられました。
私は、現地の味やスタイルをよく知っているので、
生意気にも自分の意見を色々と言ってしまうのですが、
そういったお話にも真剣に耳を傾けて下さいます。

マルハさんの最新のレストランは、明日9月1日に銀座のマロニエゲートの11Fに
オープンするチャイニーズ・ブラッセリー「China White」。
そして、以前お話したシンガポールの3つのシーフードレストランを、
来春3月(ごめんなさい、年内ではありませんでした)、品川にオープンする予定です。
番組では、最新情報と共に、小島さんの食に対する思い、お客様へのサービスや
経営哲学など、とても興味深いお話をたくさんお話して下さいます。
放送日は、9月4日(火)、22:30〜。
素敵なプレゼントも頂いておりますので、ぜひお聴き逃し無く!!

▼収録後に、小島さんと。
Mr.Kojima_3.JPG

2007年08月29日

親父、来日。

ラジオでblogをがんばって書くと言いつつ、またちょっと間が空いてしまってすみません...。
仕事が、次から次に発生して、いつも何だかばたばたしてしまいます。

さて、そんな中、10日前からシンガポールに住む父が来日しています。
先週1週間、父と二人っきりで生活しました。(今は母も来て、助かった)
父は、アメリカナイズドされた九州男児(!?)で、
レディーファーストな精神と封建的な部分がミックスした、
何だか不思議な人です。
「今日は素敵なドレスじゃないの」と、言う事もあれば、
「風呂わかせー」と、叫ばれたりもします。
おまけにシンガポールの習慣も身に付いているので、
例えば、父がゴミ箱に何か捨てた後の仕分けは大変です。
(シンガポールはゴミの分別が必要ありません)

お互い仕事で夜は外食が多いので、朝食だけはばっちり作ろうとがんばりました。
ラジオの収録等で帰宅が1:00、2:00になる日もありましたが、
毎日7:30に起きて、ゴルフの日も5:00に起きて、作りました。
▼ある日の朝食
29Aug07_1.JPG
うちの朝食はいつも野菜と果物をちゃんと食べます。

思えば二人っきりで生活したのは、大学4年の夏休み、
卒論の研究で、シンガポールに帰った時、以来でした。
父はシンガポールで事業を成功させた人で、
エレクトロニクスと音楽と業種は違っても、
仕事を継続する上で、大事な事は共通。
その秘訣を、朝食を食べながら、教えてくれたりします。

1週間一度も同じメニューを出さないでがんばっていたら、
「今日は自分が作る」と言って、夕食を作ってくれました。
▼出て来たのはこちら。親父の定番、お茶漬けチャーハン。
29Aug07_2.JPG
「俺のチャーハンが食べれる人は幸せだ」と豪語していましたが(笑)、
確かにかなり美味しいです。
レシピは内緒ですが、溶かしバターに溶き卵を加え、
そこにご飯をよく混ぜてから炒めると、ご飯がぱらぱらになります。
そして、お茶漬けの素は、チャーハンに合うんだな、これが。
子供の頃によく作ってくれたので、懐かしかったです。

食生活がきちんとしていると、多少嫌な事や大変な事があっても
乗り切れる感じがします。
両親ももうすぐ帰国してしまいますが、
うちの家族はずっとばらばらで生活して来たので、何だか楽しい毎日でした。

2007年08月18日

Singapore Food Festa 2007

シンガポールフードフェスタに遊びに行って来ました!!
14日放送のRojak Rojakでもご紹介させて頂いておりましたが、
昨年私も出演させて頂いた「シンガポールの食の祭典」今年版といった所でしょうか。
2006年は汐留で1週間、今年2007年は8/17〜19までららぽーと豊洲で開催されています。
昨年は「海南チキンライス」、今年は「チリクラブとタイガービール」が、
目玉商品のようです。

昨日17日は、18:00〜オープニングセレモニー、
その後、関係者のレセプション・パーティーが行われました。
大使館関係、政府観光局関係や様々なVIPの方が列席されていました。

▼オープニング・セレモニーの模様です。
ceremony.JPG
私的には、ここの所ずっと忙しくてお会い出来なかった方々にも会えたし、
また、先日のSingapore Festivalでお世話になった方々、
お越し頂いたシンガポール関係者やお客様もたくさんいらしていたので、
色々とお話が出来て嬉しかったです。

出店者は、海南鶏飯水道橋店、Raffles Terrace、Singapore Food Industries、
My Humble House Tokyo、Kriston、International Seafood、Palm Beach、
Jumboそして、Yakun Japan、Tiger Beerといった面々。
出されたメニューは、チキンライス、シンガポールカレー、バクテー、
サテー、ペーパーチキン、トムヤムスープ、ブランジンジャー、
ハニーデゥーメロンココナッツミルク、ラクサ、ミーゴレン、チリクラブ、
カヤトースト、フルーツジュース、マンゴースムージー、シンガポールスリング、
フルーツとタピオカのココナッツスープ仕立て、タイガービール...などなど、
元々頂いていたプレスリリース以上のメニューを食する事が出来て、
もう幸せな気持ちになりました(^^)

▼レセプションパーティは大賑わい。
18Aug07.JPG
私が一番楽しみにしていたのは、チリクラブとペーパーチキン。
このメニューを東京で食べれる日が来るとは...。
しかも子供の頃から親しんだシンガポールのシーフードレストラン、
「Jumbo」のチリクラブです。涙がちょちょぎれました...(T_T)
上記にあるシーフードレストラン3店は年内にも日本に上陸、
ペーパーチキンを出された、Raffles Terraceは、
9/1に銀座にオープンする「マロニエゲート」の中に入られる予定です。

食以外にも、凄く楽しかったのは、シンガポールのアカペラグループ、
Vocaluptuousのライブ。
夕暮れ、サンセットをバックに、見事なコーラスを堪能しました。
終演後に、関係者が彼らを紹介して下さり、幸運にも色々とお話をする事が出来ました。
「どんな歌歌ってるのー?」「どこで歌ってるのー?」「シンガポールで育ったのー?
マジでー?」「なんだー、さっき共演すれば良かったねー」なんて、
いえ話しているのは英語なのですが、日本語に直せば、
こんな感じの気さくなトーンでお話をしてくれました。
メンバーの中に、Dick Lee氏の弟さん、John さんもいらっしゃって、
「さすが音楽一家ですねー」と言うと、「まーねー。僕たちはエンターテイメントが、
大好きなのさー。」と、茶目っ気たっぷりの笑顔で話す彼は、とってもキュートでした。

▼Vocaluptuousの皆さんと。シンガポールスタイルで「Say Lah!!」でパチリ。
vocaluptuous.JPG
お客様の中には、Dickママもいらしていて、夜に行われた花火大会のBGMは、
「Fried Rice Paradise」。さすがDickさん、凄いですね...。

この他にも、SQの往復航空券やホテル宿泊券等の様々な抽選会も行われ、
シンガポールの食品も手に入るこのイベント。
今日、明日、10:00〜21:00まで開催されています。
皆さんもぜひ足を運んで下さいネ!!

2007年08月09日

Happy Birthday Singapore!!

毎日、暑いですね...。
南国育ちの私も、東京の暑さは独特なので、かなり参っております。
皆さんも、水分補給をしっかりして、熱中症など気をつけて下さいね。

さて私は、フェスティバルの事後処理などもだいぶ落ち着いてきて、
日常を取り戻しつつあります。
毎回、フェスティバルが終わると、ご協力頂いた方々にお話を色々伺って、
良かったこと、反省すべきことを、書き出すようにしています。
毎年、必ず伺っているのが、夢飯さんとAfter The Sunsetさん。
フェスティバル当日は、私は歌を歌う為、飲食は出来ないので、
終了後に伺って、出して頂いたものをゆっくり味わいながら
あれはどうだった、こうだったとお話合いをします。
夢飯.JPG 09Aug07.JPG
▲やっぱり美味しい、夢飯のチキンライス。
歌は終わったので、グリーンチリ付き、おまけに大好きなアボガドサラダも付け、
しっかりデザートまで食べちゃいました(笑)
ATS.JPG
▲After The Sunsetの"sachiyo sling"
毎年、少しずつ味を改良して、飲みやすくして下さっているそうです。
思わず、「美味しい!!」と叫んでしまいました。本当に丁寧に作って下さっています。

品質をしっかり保ちながら、何百食、何百杯と作るのは、本当に大変な事なのです。
毎年、本当にありがとうございます。お疲れさまでした。

さてさて、今日8月9日はシンガポールの独立記念日、42回目の誕生日です。
7日放送のRojak Rojakでもご紹介しましたが、今年の"National Day Palade"は、
マリナ・ベイに浮かぶ世界一大きいと言われる特設ステージで、開催されるようです。
毎年作られるNDP Songを歌うのは、またもやシンガポールの国民的スター、Kit Chan。
1998年に、Dick Lee氏が作られたNDP Song、"Home"の名唱で知られる彼女、
今回が3度目の出演だそうです。
"Home"は私の大好きな曲で、"This is home, truly..."というフレーズを初めて聴いた時、
シンガポールは、確かに私の母国だと、じ〜んとしてしまった記憶があります。
今年のタイトルは、"There's no place I'd rather be"。
今年はもう1曲、"Will you"という曲もあります。

今日は、シンガポール時間の18:00(日本時間19:00)頃からナショナルデーパレードがスタート。
Live Webcastでライブ映像がご覧頂けますので、
詳細は、オフィシャルサイトをぜひチェックしてみて下さい。
それはそれは凄いですヨ。