« 2006年08月 | メイン | 2006年10月 »

2006年09月30日

CD発売記念ライブです!!

いよいよ明日10月1日、2nd アルバム"Rojak"の発売記念ライブです。
お席に余裕がありますので、お時間が合う方はぜひ。

7/1にレコーディングを開始した時は、10/1は遠い先のことのように思えました。
3ヶ月間、色々な事がありました。
辛い事の方が多かったなあ...。
今、手元に出来上がったアルバムがあります。
これが今ここにあるのだから、今まで起きた事は全てOKとしよう。
そう思っています。

明日のライブには、アルバム制作スタッフ全ての方が結集してくれます。
そして一層絆が強まったメンバーが私には居てくれる。
来て下さったお客様に新しいアルバムを添えて、心を込めて歌いたいと思っています。
「多種多様なものをミックスして追求した、たった一つのもの」
それが、"Rojak"のコンセプトです。

アルバム発売記念ライブは、ミュージシャンにとって、特別なライブです。
この特別な時間を、ぜひ一緒に共有して下さい。
皆様のお越しをお待ちしております!!
cover_01.jpg

2006年09月25日

今晩のラジオ

ブログがまたもや空いてしまって、すみません!!
フェスティバル終了後、体調があまりよくなく、色々な事がスロースローになっていました。
ちょっと体を酷使し過ぎたみたいです...。

昔からそうなんだよな。何でもやり過ぎちゃって、その後の反動が凄いの。
高校生の時につき合っていた男の子の誕生日に、セーターを編んだ事があって。
手編みのセーターなんて、今の子達には、「さむい」とか「重い」とか、
言われちゃうんだろうけど(^_^;)
彼はとても嬉しそうに貰ってくれた。いや、そんな事はいいんだけど。
とにかく完璧主義のsachiyoさんは、初めて編むセーターも、完成度の高いものを目指しちゃうわけ。
素人が出来ないレベルのものを編もうとするものだから、時間かかっちゃって、かかっちゃって。
最後は誕生日に間に合いそうもなくなってきて、連日、徹夜状態。
間に合ったし、喜んで貰えたし、それはそれは素晴らしい(自称)セーターが出来たんだけど、
お陰でセーター編むのはもう嫌になってしまって、あれが、最初で最後の手編みのセーターになっちゃったなあ...。
何を激白してるんだ。わはは。
やり過ぎてやめてしまった事は色々あるけれど、音楽だけはやめずに続いているって話にしましょう(笑)

色々迷ったり、悩んだり、疲れてしまっても、ピアノに向かったり、歌ったりすると
答えが見えてくる事は多いです。やはり音楽は、私の指針なのでしょう。
実は先日、ライブを演りました。なんとラジオで。
疲れていた気持ちが少しふわっと明るくなりました。
今晩放送の"Rojak Rojak"は、ピアノの黒木千波留さんをゲストにお迎えして、
生演奏にてお送りします。
2ndアルバムの収録曲、全曲のアレンジをしてくれた黒木君と、制作秘話なども語っちゃいます。
ファンの多い彼ですが、どんな風に喋るんだろう?と思われている方も多いのでは?
今晩、22:00〜お楽しみにです。
▼収録の模様です。
9/25OA.jpg

2006年09月13日

シンガポールフェスティバル '06 を終えて

シンガポールフェスティバル '06にお越し頂いたお客様、本当にありがとうございました。
日本全国から、たくさんの方に遊びに来て頂いて、心より感謝します。
もっと早くお礼をと思っていたのですが、すみません...死んでました(^_^;)
精根使い果たしてしまい、体が全く動かずでした...大変失礼しました。

思えば、約半年に渡っての準備期間。
総合プロデューサーとして、会場選び、出演者のキャスティング、各演目の内容決め、
スポンサーさんや後援団体、出展者さんとのやり取り、全てのアイテムの指揮を取り、
細部に渡ってこだわって参りました。
本番は、出演者としての準備があるので、出番以外は控室に居たのですが、
「お弁当は人数分足りてるのかしら」「あの人はちゃんと無事に駐車場に車を停められたのかしら」
「大使は無事にお帰りになられたのかしら」などなど、もう気が気じゃない...。
ハラハラドキドキしている私を横目に、メンバーはわざと
「さっちー、コーヒー持ってきてー。缶コーヒーじゃなくて、スタバがいいー。」なんて言う始末。
怒るどころか却って笑ってしまって、逆にリラックスしたりして...。
今回リハを、本番当日、会場入りする前の朝の9時から、自由ヶ丘のスタジオで行うという
結果になってしまって、長い待ち時間にも関わらず...ほんとにありがとう。

MCのセインカミュ氏は、どたばたのリハにも関わらず、
「大丈夫、大丈夫、臨機応変にねー」と言って下さり、舞台裏でも私をよく気遣って下さいました。
ユーモアたっぷり、余裕のMCはご承知の通り。彼に司会をお願いして本当によかったと思いました。

ライオンダンスチームは、去年に引き続き豪快な獅子舞でしたね。
最後の赤い垂れ幕に書いてあった文字は、中国語表記の「祝シンガポールフェステイバル '06」です。

シンガポール大使は、お祝いのスピーチをして下さっただけではなく、
シンガポールの草花が満載の、大変豪華なお花をプレゼントして下さいました。
Terima kasihです!!

ROUROUさんは、総勢17人のスタッフで、万全の体制を整えて下さいました。
デザイナーのマキちゃんは、フェスティバルの二日前にパリの展示会から帰国。
時差ボケでふらふらだったでしょうに...笑顔でショーを進行する彼女に、涙が出そうでした。
素敵な衣装の数々、そして日星融合をテーマにした今年版のsachiyoTシャツ、本当にありがとう。
(Tシャツはこのサイト上でも販売します。お楽しみに。)

GOCOOの皆さんのステージは、本番直前だったので残念ながら見られませんでしたが、
大地を刻む力強い鼓動と、お客様の大歓声は、控室まで聞こえて来ました。
名古屋を本拠地とするGOCOOさん、早朝からの移動、大変だったと思います。
本当にありがとうございました。

そして、夢飯さんとAfter The Sunsetさん。
夢飯さんとは、冷めても美味しいメニューを一緒に検討して、
今年はメニューを3種類出して頂きました。今年新登場の「大根もち」と「ボボチャチャ」は、
通常レストランで出されているものに更に食材を足して、スペシャルな形で出して頂いてます。
After The Sunsetさんの飲み物は、全てフレッシュ。人工的なものを一切加えない、
体に優しいオリジナルカクテルとジュースを振る舞って下さいました。
ちなみに飲み物に飾られた蘭の花は、母がシンガポールより背負ってきたものです(笑)

そしてフェスティバルにご協賛頂いた企業の皆さま、ご後援団体の皆さま。
多大なご協力、本当にありがとうございました。
豪華なラッキードローの商品の数々、ギブアウェイというよりは「引き出物」に近い
お土産をお客様にお配り出来たのも皆さまのお陰です。多謝です!!

今回は、会場に俳優の水谷豊さん、伊藤蘭さん御夫妻も遊びに来て下さいました。
ラッキードローに当たった時に、蘭さん自らステージに来て下さった時は嬉しかったなあ。
お兄さまのルイさん(夢飯のマスター)を通して、ずっとお話を伺っていたので、
「やっとお会い出来ました」とお話したら、「私達もいつもお話を伺ってましたよ」と
言って下さって。大先輩お2人にライブをお褒め頂いたのは、本当に嬉しかった。
ありがとうございました。

色々な文化や価値観が混在する国で育ち、自分のアイデンティティーとは一体何なのか、
悩んだ時期もありましたが、「自分にしか出来ない事を少しずつでもいいから確実にやる」
その事がきっと答えにつながると信じてがんばって来ました。
私がプロデュースする「シンガポールフェスティバル」は、私自身の世界観を表現する事。
もちろん多くの方のご協力と支えがあって、実現できる事です。
フェスティバルが毎年開催できるように、今年の反省点は改良し、ご好評頂いた部分は
更によい形でご提供出来るよう、がんばって企画を練り直していきたいと思っています。

最後に、今回のフェスティバルの制作に携わって下さった全てのスタッフの皆さまに
心からお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

2006年09月07日

9月です!! シンガポールフェスティバルです!!

いよいよシンガポールフェスティバルまで、あと3日となりました。
いや、日付変わっちゃったから、もうあと2日か。
たくさんのご予約、本当にありがとうございます。
日本全国からお申し込みを頂いて、スタッフ一同ほんとに感激しております。
チケットは多めにご用意しておりますので、「もう間近だからチケットないかもな〜」と
やめてしまった、そこのあなた!! 大丈夫、ぜひお申し込みを!! (笑)

もう何だかドラマチックな毎日を送っております。
今回、ちょっとしんどかったのは、フェスティバルの準備と
アルバムの制作がまともにぶつかってしまったこと...。
8月29日にマスタリングを無事に終え、音源は無事に完成。
▼ぼけぼけですが、完成後に、スタジオで撮った写真です。
NEC_0082.jpg
完成のお祝いにと、スタジオからシャンペンを頂いたのですが、
自宅に戻ってからも仕事があるので、飲んだら眠くなっちゃうからと言って
頂いて帰って来てしまいました。
フェスティバル終わるまでは、禁酒を誓っていることだし、
シャンペンはメンバーみんなで飲みたいしなあ。
アルバムは、ジャケットの方も色々とドラマがあり、3日間完徹して仕上げました。
無事に入稿した後は、デザイナーさんとお話しながら泣いてしまいました。
実は、明日色校正が上がって来ます。どんな仕上がりになるか...。

1枚目の時は、自分の事で精一杯。
自分のあまりの未熟さに泣けて来ましたが、今回は関わった方達の素晴らしさに泣けました。
辛い作業にも関わらず、泣き言や愚痴を言う人は、誰一人として居なかった。
みなさん、ほんとにプロフェッショナルです...。
たくさんの方のご協力があって完成しつつあるアルバムは、10月4日に発売となります。
こちらも楽しみにしてて下さい。

色々な方から「フェスティバル、もうすぐだね。がんばってね」と、励ましのお言葉を頂きます。
体はくたくたなのですが、その度に元気を取り戻して、そうだがんばらなきゃと思い直します。
先日、夢飯に寄って、今回フェスティバルで出して頂くメニューを、もう1度食べて来ました。
今年はチキンライスだけではないのですヨ。
やっぱり夢飯美味しいよな〜と、納得の味です。乞うご期待。
スタッフの方が、「sachiyoがんばれ、スペシャルメニュー」を出して下さいました。
▼あんまりきれいだったので、パチリ↓
200608302145000.jpg

たくさんの方のご協力があって実現しつつある、シンガポールフェスティバル '06。
半年掛かりで、スペシャルな内容を準備しました。
皆さまのお越しを、心よりお待ちしております!!